まさかの敗北に中国が激怒。日本の新幹線はなぜ、インドに選ばれたのか?

151217_train
 

日中両国が受注を目指していたインドの高速鉄道システムにおいて、日本の新幹線方式の採用が決定しましたが、これに対して中国は不満を露わにしています。しかしメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』は、中国とは根本的な風土が違うインドが、簡単にチャイナマネーに寝返るはずもないと指摘しています。

【中国】インドの新幹線採用に中国の「恨み節」

インド、日本の新幹線を採用──中国の反応と今後の日中バランス

インド西部のムンバイとアーメダバードを結ぶ高速鉄道建設に、日本の新幹線が採用されました。これについては、日印が2013年から共同で調査を初めており、今回の新幹線採用の決定につながったわけですが、これに対して大変大きな不満を抱いているのが他でもない中国です。

表向きは、「どの国にも自国の協力相手と協力方式を選ぶ権利がある。インド側の決定と選択を、我々は尊重する」と言ってはいるものの、中国のマスコミは「日本はインドの高速鉄道プロジェクトを持って行ったばかりか、軍事協定にまで署名した」と騒ぎたて、焦点を日本の武器輸出へと故意に移そうとしています。

昨年から今年にかけて、習近平とインドのモディ首相は、互いに相手国を訪問しただけでなく、互いの故郷をも訪れ歓待しあった仲でした。中国は、インドは完全に中国の意中にあると思っていただけに、今回の決定には驚くと同時に、「中印両国は高速鉄道でも協力すると合意したはずだ」と不満を露わにしたのです。

インドが日本の「新幹線」採用、中国政府「中印両国は、高速鉄道でも協力すると合意したはずだ」

インドネシア鉄道における事業争奪戦では、中国の巧みな外交戦略とバラマキ作戦によって敗北した日本でしたが、インドは簡単にチャイナマネーに寝返らなかったというわけです。

何より、インドと中国の国境では紛争が絶えませんし、両国はアジアにおいて最大の敵同士です。インドは中国とは一線を画したいというのが本音でしょう。インドはあくまでも自由国家であり、共産主義国家とは違うという意志表示の現れではないでしょうか。

中国の大気汚染が深刻さを増していますが、インドも同様の問題を抱えています。北京の大気汚染は、すでに人体に深刻な健康被害をもたらし、子供の先天的障害や脳の発育に悪影響を及ぼしているとの報道もあります。

深刻な中国の大気汚染、土壌汚染=子どもの先天的障害や脳の発育に影響している可能性も―米誌

そのほか、北京から外国人が続々と脱出しているとの報道もあります。さらには、空気清浄を謳ったレストランが登場したばかりか、空気清浄代を飲食費に上乗せして請求しようとしたことで話題となりました。

レシートを見てびっくり!レストランが客に無断で「空気清浄料金」導入、ネット上で物議―江蘇省張家港市

大気汚染により、マスクや空気清浄機、そのほか大気汚染対策グッズがバカ売れしている北京ですが、それを商売にしようとする商魂たくましい人々が登場するのも中国人ならではです。ピンチをチャンスに、が中国人の鉄則です。そうしなければ生き残れないのも事実です。それもこれも、習近平が根本からの解決策を打ち出さず、交通制限をするなどの一時的な対策しか取らないからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • まさかの敗北に中国が激怒。日本の新幹線はなぜ、インドに選ばれたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい