ストレス解消効果はゼロ!? タバコ、酒、ギャンブル…依存症の恐怖

 

ストレスが減るのは…

さて、このように依存対象によってドーパミンが分泌されることを繰り返している人は、それによってストレスや不安を解消していると思っています。

でも実は、それは誤解なのです。

このときに解消できているストレスは「依存対象と接することができないストレス」だけなのです。

アルコールを飲む人なら、アルコールによって解消できるのは「アルコールが足りないストレス」だけ。

タバコなら「タバコがなくなってきたストレス」だけ。

ギャンブルでもネットでも同じ。「ギャンブルやネットをしないことで感じているストレス」だけです。

これが「ノドが渇いた」⇒「水を飲みたい」というのなら、まだ分かります。

すべての人間にとって水は必要で、何にも代えられないものです。そのためこれは依存ではありません。

しかしギャンブルや酒やタバコは違います。本質的に、生存に必要なものではありません。それナシで生きている人はたくさんいます。

結局「それを必要とする」のは「錯覚」なのです。

絶対的に必要だからではなく、繰り返してそれを摂取することで、「それが必要」と感じてしまっているだけなのです。

image by: Shutterstock

 

★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』より一部抜粋

著者/大和まや・ゆうきゆう(精神科医・心理研究家)
あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。読めば心が軽くなり悩みも解消されるメルマガを月に2回のペースで配信中。
≪無料サンプルはこちら≫

print

  • ストレス解消効果はゼロ!? タバコ、酒、ギャンブル…依存症の恐怖
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け