選ぶのめんどい。フェイスブックのリアクションボタン世界中が混乱

2016.03.08
133
shutterstock_384332779 copy copy
 

フェイスブックの「いいね!」ボタンに加えて5種類の感情を選べるリアクションボタンが導入されました。海外メディアと100億人のユーザーたちの反応は実に様々。あなたは今回の機能アップデートに「いいね!」しますか? それとも?

リアクションボタン導入について批判的な声も

今年1月からフェイスブックで「リアクション」ボタンが追加され、ユーザーは「LOVE(超いいね)」「Haha(うけるね)」「Wow(すごいね)」「Sad(悲しいね)」「Angry(ひどいね)」からも自分の感情を表すボタンが選べるようになりました。

みなさんはもうこれらの機能を使ってみましたか?

このリアクションボタンの導入については、海外のメディアやユーザーの反応も大きいようです。

Slateは先月25日、「フェイスブックのリアクションボタンはWOW(すごいね)ではない」という記事を掲載し、今回の新機能に批判的な理由を述べています。

「投稿をしたユーザーからすれば、友人がどのリアクションボタンを選んだかは重要ではない。投稿者が気にするのはどれだけ多くの人があなたの投稿に反応してくれたかだ」。

また、GIZMODEでは「6種類のうちのどのリアクションボタンが正しいのかをいちいち考えなくてはいけなくなった。新機能はオンライン・ライフをただ複雑にしただけ」と述べています。

一方で、友達が結婚した時には「いいね!」では物足りないから「超いいね」ボタンがあるのは良いというコメントや、ペットが死んでしまったという投稿には「いいね!」できなかったけれど、今は「悲しいね」で反応を返すことができるのは便利だという肯定的な意見も。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 選ぶのめんどい。フェイスブックのリアクションボタン世界中が混乱
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい