【傍聴記】保育士による虐待事件のウラに「ブラックすぎる」勤務実態

shutterstock_246195253-2 copy
 

毎日のように報道される数多くのニュース。しかし、マスコミの報道する内容が事実とまったく異なるということは少なくないようです。メルマガ『今井亮一の裁判傍聴バカ一代』では、東京都内の認可外保育園で起こった保育士による児童虐待事件について、今井さんが法廷で目撃した、知られざる真相を暴露しています。保育士の虐待事件の裏側にある「真実」とは?

ブラック保育園の虐待労働に保育士が壊れた

ニュース=警察の逮捕発表、を匿名の誰かが転載のみし、その被疑者を匿名者らが誹謗中傷する、それはネットの典型的パターンだ。

ところが、裁判の法廷で出てきた話事件の中身、裏側はぜんぜん違うじゃーん!ということがよくある。そんなのを傍聴するのもマニアの醍醐味といえる。

15日(金)10時~12時、東京地裁718号法廷(52席、俺はお初の寺尾亮裁判官)で「暴行の新件

たかが「暴行」の審理…とゆっくり9時50分頃に行ったら、すでに行列が! 俺は10番を超えてた。

以下は今年1月26日付け産経ニュース。

園児を縛って粘着テープ 保育士の女を逮捕 警視庁

勤務先の認可外保育施設で男児(6)の口に粘着テープを貼っては剥がすなどしたとして、警視庁赤羽署は27日、暴行の疑いで、自称埼玉県■■■市■■、保育士、■■(■■■■)■■容疑者(28)を逮捕した。容疑を否認している。

■■容疑者は、この男児の食べ物にからしを入れたり、別の園児をたたいたりするなどしている様子が同僚らに目撃されていたといい、同署は日常的に虐待があった可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べる。

逮捕容疑は15日午後1時40分ごろ、東京都■区■■の託児所「保育ルーム キッズ●●●●●●園」で、男児の両手をひもで後ろ手に縛り、口元に粘着テープを貼って剥がすなどしたとしている。

男児の両親が同署に相談して発覚。同署によると、■■容疑者は託児所が開所した平成24年7月当初から勤務していたという。

弁護人席に若い女性が2人。ほ~、2人か、と思いきや1人が被告人(非身柄)なのだった。小柄で、ぴっちりした黒のパンツスーツ、長い黒髪。

今日は追起訴から。昨年9月、4歳男児B(プラバシー情報は秘匿決定)の口に…。

検察官「…わさびを塗りつけた唐揚げを押し込む暴行を加えたものである!」

泣いて吐き出そうとする園児に対し「ごっくんして出したらペンするよパパ迎えに来ないよ」などと言ったんだそうだ。

泣く様子をスマホで動画撮影し、検察官いわく「彼氏」に見せ、その者との間でBを「カラアゲ」と呼んでたんだそうだ。

ひでぇ女だ! と思うょね。俺も思った。

検察官請求の証拠中、甲9号証に、そのスマホの動画をCDに落としたものがあった。

はっきりした顔立ちで美人系の若い女性弁護人は、小っちゃい小っちゃい声で「これ以上(被告人に)社会的制裁を加えることは…」とか言い、不同意としたのか、証拠調べ(法廷での動画の再生)を拒んだのか。

検察官は、「再生することによって犯行状況がよく分かりますので」と退かない。

弁護人は「プライバシー」の問題がどうとか言うのだが、動画中に氏名は出てこないというし、秘匿決定されてるんだから大型モニター(傍聴人からも見える)を使うはずがない。

何をごにょごにょ抵抗してんだょ、との印象を受けた。

10時15分、大型モニターはOFFのまま、その動画が再生された。涙がぼろぼろこぼれてるのが目に浮かぶ、悲鳴のような可哀想な男児の泣き声と、「ペーしないよ」とかいう声が少し聴き取れた。非常に短い再生だった。

10時17分、弁護人側の立証が始まった。

弁護人 「弁1号、診断書、抑鬱状態、重度…弁2号診断書、○○中央総合病院、○○病…平成25年(2013年)6月3日診断…」

上掲報道によれば、被告人がその「認可外保育施設」に入ったのは、施設開設当初の2012年7月。入って1年弱で○○病と診断されたのだ、そこ憶えといてほしい

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【傍聴記】保育士による虐待事件のウラに「ブラックすぎる」勤務実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい