【驚き】沖縄で炎天下の中、アメリカ人が国道沿いで頭を下げていた!

2016.05.31
159
by gyouza(まぐまぐ編集部)
スクリーンショット 2016-05-31 13.04.32
 

沖縄県うるま市で起きた女性会社員の死体遺棄事件を受けて、アメリカ人たちがプラカードを掲げる姿がTwitterで報告されている。

5月28日から29日にかけて、炎天下にもかかわらず、アメリカ人たちは国道58号線沿いに立ち、走る車に頭を下げていたのであった。

掲げているプラカードには、「沖縄と共に悲しんでいます」「沖縄のためにお祈りしています」と書かれている。

クリスチャン・シアンコ牧師が信徒らに呼びかけて、この活動を行ったという。

この活動には、信徒ではないアメリカ軍人なども参加した。

アメリカ人たちのこのような姿を見たTwitterユーザー・hajiuson 2016(@hajiuson_0118)さんは、「ホテル出て58号線に入ったら炎天下の中アメリカ人が頭下げて来た。胸が痛みますな。いい人もたくさんいるのに。」と、コメントしている。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

 

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

print
いま読まれてます

  • 【驚き】沖縄で炎天下の中、アメリカ人が国道沿いで頭を下げていた!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け