いざ異次元の世界へ。信州・修那羅峠で不思議な石仏に出会う旅

shutterstock_203588719
 

信州の魅力をあますところなく伝えてくださる無料メルマガ『安曇野(あづみの)通信』。今回は、知る人ぞ知るスポット、長野県青木村と筑北村の境に位置する修那羅(しょなら)峠で出会える、一風変わった不可思議な仏像たちが紹介されています。

信州・修那羅峠の異形の神々

信州・修那羅峠は、上田市から青木峠を越え旧四賀村を経て、松本市に至る国道143号線、青木村の田沢地区の集落を抜け、登り勾配がきつくなるあたりから、右手に分かれ、旧坂井村や麻績村へ抜ける道路の最高所にある。逆にたどれば、長野道の麻績インターを降り、修那羅峠、青木村へ至る道を、案内表示に従って右手の道を登って行く、駐車場までインターから20分ほどか。上田からでも1時間あまりで到達出来る。

修那羅峠の石神石仏は、約標高1,000メートル、安宮神社というお宮の境内、左手裏山に、700~800体が並んでいる。ほとんど30~40センチ程度の小さなもの。これは人の背に乗せて、ふもとから運び上げたためか。儀軌(ぎき―石仏等を刻む上での一定の規範)からはずれた特異な像異形の神が数多い。県中央の中信地区でも松本盆地・安曇野には道祖神、白馬には百体観音などが多い。それらいわゆる石仏を見慣れた目には、ここの神仏の世界はまさしく異様異次元の世界のもののようにさえ見える。

なんと言ったらいいだろうか、石仏石神というたぐいの範疇にはとても収まりきらないものばかりである。奇妙キテレツ、摩訶不思議、ユニーク。例えば、ササヤキ明神など意味するものが良くわからないもの。そうかと思えば、そのものズバリ金神、一粒万倍神や、よほど貸した金を返して貰えなかったのか催促金神なんていうユーモアやペーソスを誘うものもある。またとても日本の神仏とは思えない南洋諸島やアフリカのものをイメージしてしまうものもある。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • いざ異次元の世界へ。信州・修那羅峠で不思議な石仏に出会う旅
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい