誰も教えてくれない。身近な「保険ショップ」に隠された落とし穴

 

誰に? の前に全体像を把握しましょう

では、誰に相談したらいいの?ですよね^ ^;;;

そこで、ぜひ、覚えておいて欲しいのが、相談する前に保険の全体像を把握しておくこと、です。一目でわかるリストがありますので、ご紹介します。

まず、保険には、3種類あります。

  1. 貯蓄型
  2. 掛け捨て型
  3. 貯蓄+掛け捨て型

年収別の入るといい保険、いらない保険

  • 貯蓄が多い・年収が高い 世帯は
    貯蓄型(個人年金保険、低解約返戻金型終身保険、外貨建て保険など)
  • 貯蓄が多い・年収が低い 世帯は
    掛け捨て型(収入保障保険)
  • 貯蓄が少ない・年収が高い 世帯は
    貯蓄型(低解約返戻金型終身保険)
    掛け捨て型(収入保障保険、終身医療保険)
  • 貯蓄が少ない・年収が低い 世帯は
    掛け捨て型(収入保障保険・共済)

※ 貯蓄が多い・少ないは、お給料の1年分を目安にしてください

生命保険は、生涯で考えるととっても高い買い物です。人によっては、何百万円も払うことになります。自分と自分の家族にとって、本当に必要な保険を選びましょう。

image by: Shutterstock.com

 

三原由紀『アラフィフ世代のための~家族と幸せになるお金の教室~』

『アラフィフ世代のための~家族と幸せになるお金の教室~』

著者/三原由紀(アラフィフFP)記事一覧メルマガ

専業主婦・パート主婦・起業をしている/したい主婦、どんな立場でもお金の問題・悩みはツキもの。家族と幸せになるには、マインドだけでなく、実際にお金の問題を解決することが重要です。学校では教えてもらえなかったお金の扱い方を学ぶメルマガを発行しています。

  •  この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

print

  • 誰も教えてくれない。身近な「保険ショップ」に隠された落とし穴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け