蜜月時代の終焉か。トランプが安倍首相を名指しで批判した理由

shutterstock_550594834
 

この程、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動した米国。EUや韓国などが適用除外となる中、日本は中国同様にその対象となり、さらに記者会見でトランプ大統領が安倍首相を名指しで批判し衝撃が広がっています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんはこの事態をどのように分析しているのでしょうか。今回、読者からの質問に答える形でその見立てと今後安倍総理が取るべき政策について記しています。

トランプは、なぜ安倍総理を名指しで批判したのか??

読者の斉藤さまから、興味深い質問をいただきました。

北野様

 

NHKのニュースを見てビックリしました。

 


安倍首相は「出し抜いて笑み」=トランプ氏、対日貿易に不満

【ワシントン時事】「安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』という笑みだ」。

 

トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスでの会合で首相についてこう語り、対日貿易赤字への不満をあらわにした。トランプ氏は「偉大な男で、私の友人」と前置きして、首相の笑顔を解説した。その上で「こういった時代はもう終わりだ」と述べ、「互恵的」な関係を求める考えを強調した。

安倍首相は「出し抜いて笑み」=トランプ氏、対日貿易に不満


 

ツイッターを見ていると、反安倍派の人達は、「それみたことか」といきり立っています。一方、私のような安倍首相擁護派にとっては、かなりショッキングでした。今まで親友と思っていた人が、いきなり殴りかかって来たような感じですから。そして、今まで盤石だった日米同盟にも、不協和音が生まれるのではと心配もしています。また、もしこの関税措置が実行されたら、日本経済は深刻なダメージを受けてしまいますよね…。

 

今回、トランプ大統領がこのような発言をした理由は、

 

  • 高めの見せ球を投げて交渉を有利にしようとするいつものトランプ大統領のDEAL!?
  • トランプ大統領が、ロビー活動に引っ掛かり安倍首相に対しても猜疑心を抱き始めた!?
  • 中間選挙向けの支持層に対するリップサービス!?
  • TPP加入で良い条件を引き出すための下準備!?
  • 安倍首相が何か失敗した!?

といろいろ考えられるのですが、北野さんがどう思われるのかがすごく気になっています。また、北野さんにとっても、今回のトランプ大統領の発言は想定内だったのでしょうか?この件に関して、気になっている方はとても多いと思うのですが、もし、テーマ的に問題なければ、メルマガで北野さんの見解を発信して頂けますとありがたいです。

お答えします。

トランプさんは、「そういう人」

この件、まず「英語と日本語の違い」を知っておく必要があります。日本語は、多くの外国語に比べ、非常に繊細な言語です。みんなが「なるべく傷つけないように」と、気を使いながら話している。できるだけ「直接的表現」「率直な表現」を避けるため、外国人は、「日本人は何を考えているのか、何をいっているのか理解できない」といいます。

日本語に比べ、ずっと直接的率直な言語である英語。二人が話をしているのを日本語に訳すと、「ケンカしているのかな?」と思うことがしばしばある。しかし、そうではなく、「率直にいいたいことをいっているだけ」なのですね。そして、お互い傷ついている様子もありません。見た人がいれば、トランプとヒラリーのディベートがどれほどひどかったか思いだしてください。

私は何がいいたいのか?

英語で何か批判されても、日本の感覚より割り引いて感じる必要があるというとです。「率直な表現の英語」。中でもトランプさんの率直さは、尋常ではありません(例、チビデブロケットマン=金正恩)。

トランプさんは、率直で攻撃的で、ある面ショッキングな表現をすることで、勝ち残ってきた。今まで、多くの指導者たちが「口撃」のターゲットになってきました。だから、私は今回の発言、「それほど気にする必要はない」と思います。

print
いま読まれてます

  • 蜜月時代の終焉か。トランプが安倍首相を名指しで批判した理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け