違って当たり前。夫婦ゲンカにならない「自由な時間」の使い方

 

さて、夫婦だけじゃなく、人間の自由な時間の使い方はチョーざっくり

  • ゴロゴロ派かアクティブ派か

に分けられるんじゃないかと思うんです。

ゴロゴロ派というのは、いわゆるインドアでまったり過ごすのが好きな人たちです。DVDを見たり本を読んだり、ゲームや音楽を楽しんだりするタイプです。

これに対して、アクティブ派はこの真逆、スポーツやウィンドーショッピング、旅行、イベント、コンサートなどドコか家以外の場所に出かけていくのが好きなタイプです。

これはほとんどもう、好みのモンダイですね。子供のころからやってきたことを思い返してみると、自然に答えが解るはずです。あーーー、私はゴロゴロ派ですね。

もうひとつの軸として、

  • ひとりで過ごしたいか誰かと過ごしたいか

も重要な分け方です。

いわずもがなですが、人のタイプにはひとりで過ごすのが好きな人と誰かとにぎやかに過ごしたい人がいるものです。私はどちらかというと、ひとりで過ごすタイプですね。これまでやってきたシュミなんて、ほとんど全部一人遊び系ですもん(^0^)

さて、これでどうするのか。

  • ゴロゴロVSアクティブ
  • ひとりVSだれかと

このふたつの軸を重ねて、4つの象限に分けます。つまり

  • ゴロゴロ×ひとりで
  • ゴロゴロ×誰かと
  • アクティブ×ひとりで
  • アクティブ×誰かと

…この4つになりますよね。ご自分がどこに当てはまるか解るでしょうか。さらにパートナーがどこに当てはまるかも考えてみてください。

ま、やっぱり一番いいのは、この区分がふたりとも同じタイプでしょう。リラックスの仕方が似ていて、お互いの振る舞いがストレスになりにくいからです。

他方で、これが正反対だとお互いにストレスを感じやすいでしょう。

  • ひとりになりたいのに、話しかけてくる
  • 二人で出かけたいのに、イヤがる

こういう感じですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 違って当たり前。夫婦ゲンカにならない「自由な時間」の使い方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい