猛暑もチャンス発言の森喜朗会長へ。これでは東京五輪で死者が出る

 

月曜日に「サキドリ」(文化放送)で、東京大学の横張教授(都市工学)に電話出演していただいたのですが、マラソンコースの過去の実況値に基づき、マラソン選手の身体に与えるダメージを算出したところ、「スタート時点7時から危険レベル」に達する可能性がある」と言います。

そんな危険なレースに世界の一流アスリートを招待すること自体、私には意味不明です。

もし、何かあったらどうするつもりなのか?

観客や準備スタッフだって危険です。「直射日光が当たらないようにする」とか、「ミストを噴射する」とか焼け石に水。

カチ割りの配布も検討中です!」と組織委員会は胸を張りますけど、んなもん意味ないつーの。

30度を越す早朝に、何万もの人たちが沿道に押し寄せる、何万人もの人が駅に溢れている状況を、イメージするだけでもぞっとします。

マラソンだけではありません。屋内競技でも中に入るまで観客は灼熱地獄の外で待機するわけです。気分が悪くなる人が相次ぎ競技どころではなくなってしまうんじゃないでしょうか?

それに…、今年は梅雨明けが早かったので、7月に入ってから連日連夜酷暑になっていますが、梅雨明けが遅い年の場合この時期は梅雨末期の豪雨の季節です。

ゲリラ豪雨が降る、洪水が起こる、雷鳴が轟く…。そんな状況になった時、避難計画は徹底されるのでしょうか?

考えれば考えるほど、心配が尽きません。

個人的には「北海道開催」を検討して欲しいです。

北海道なら30度を超えてもカラッとしていますし、何よりも梅雨がない。今年のように梅雨明けが早まっても、梅雨明けが遅れてもモーマンタイ!

アスリートたちも安心して参加できると思うのです。

そもそもこの時期にオリンピック開催となったのは、米国のプロスポーツが閑散期になることが大きな理由と聞いています。

あと2年。2年あります。北海道を含めて地方開催を改めて検討すべき。そう強く願っています。

image by: Flickr

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年7月25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2018年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

  • 「死の危険性」があるオリンピック?/オレにも言わせろ! ほか(7/25)
  • 学校の部活とずさんな時間管理/新連載「面倒くさい女たち」(7)ほか(7/18)
  • 西日本豪雨と日本のメディア/新連載「面倒くさい女たち」(6)ほか (7/11)
  • 今晩の飯に困る家庭はない?/“チュー”したい—- 「各界の大御所」編 ほか (7/4)

いますぐ初月無料購読

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年6月分

  • 「性・愛・命」の性教育―Vol.078(2018/6/6)
  • “シンガポール・ガール”のリアル―Vol.079(2018/6/13)
  • あの日どこにいましたか?―Vol.080(2018/6/20)
  • 留学生流血事件と見えない鎖国―Vol.071(2018/6/27)

※1ヶ月分540円(税込)で購入できます。

※『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』(2018年7月25日号)より一部抜粋

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。
「自信はあるが、外からはどう見られているのか?」「自分の価値を上げたい」「心も体もコントロールしたい」「自己分析したい」「ニューストッピクスに反応できるスキルが欲しい」「とにかくモテたい」という方の参考になればと考えています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 猛暑もチャンス発言の森喜朗会長へ。これでは東京五輪で死者が出る
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け