アメリカ大誤算。イラン制裁で進む米離れに雀躍の中ロ両首脳

kitano20181108
 

11月5日、イラン制裁を再開したアメリカ。単独で強行された「史上最強措置」は、世界にどのような事態を引き起こすのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米国とイランの関係性を、石油利権争いの時代、シェール革命以降、トランプ政権成立後に区切り解説した上で、現在のトランプ強行路線の異様性に対し主要国の非難は高まるだろうと結んでいます。

トランプ、イランに「史上最強」の制裁、その中身は?

「アメリカがイラン制裁を再開した」というニュースが入っています。今回は、この重要問題について考えてみましょう。

アメリカ、イラン関係の推移(2000年代)

まず、これまでの流れを復習しておきます。アメリカが、イランの核問題を騒ぎはじめたのは、2002年頃です。ちょうどイラクの「大量破壊兵器保有」も問題になっていた。

02年、アメリカは、イラク戦争を開始しました。ところが、RPE読者の皆さんはご存知のように、イラクには大量破壊兵器がなかった。ちなみに、「イランが核兵器開発をしている」という話も、イラクの時同様、「大うそ」である可能性があります。「陰謀論」じゃないです。世界の原子力、核エネルギーを管理、監視、監督する国際機関といえば、IAEA(国際原子力機関)。そこのトップである日本人・天野之弥氏は、09年12月の事務局長就任直前に何と言っていたか?

イランが核開発目指している証拠ない=IAEA次期事務局長

 

[ウィーン 3日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥次期事務局長は3日、イランが核兵器開発能力の取得を目指していることを示す確固たる証拠はみられないとの見解を示した。ロイターに対して述べた。天野氏は、イランが核兵器開発能力を持とうとしていると確信しているかとの問いに対し「IAEAの公的文書にはいかなる証拠もみられない」と答えた。

(ロイター2009年7月4日)

どうですか、これ?09年半ば時点で、IAEAの次期トップが「イランは核兵器開発を目指していない」と断言していた。これは、いったい何なのでしょうか?

イラクとイランが叩かれる真実の理由」は2つあると推測されます。1つは石油です。2001年にブッシュ(子)が大統領になったとき、「アメリカ国内の石油は、2016年に枯渇する」と予測されていた。それで、アメリカは、イラクとイランの石油利権を支配しようとした。

もう1つは、「ドル基軸通貨体制防衛」。イラクのフセインは2000年、「原油の決済通貨をドルからユーロにかえる」と宣言し、実際かえてしまった。アメリカは、イラクを攻撃。その後、イラク原油の決済通貨をユーロからドルに戻した。イランも、イラクにつづき、「ドルは受け取らない」と宣言していました。この辺の流れ、「世界一わかりやすいアメリカ没落の真実」でしょう。超詳しく触れています。まだの方は、完全無料ですので、是非ご一読ください。

● 『世界一わかりやすいアメリカ没落の真実』(メルぞう)

アメリカは、イラクを攻めた。しかし、イランは逃げ切ることに成功しましたというのも、アフガンイラク戦争が予想外に長引いたからです。そうこうしているうちに、「リーマン・ショック」が起こり、ブッシュ(子)の時代は終わりました。オバマ時代がはじまった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • アメリカ大誤算。イラン制裁で進む米離れに雀躍の中ロ両首脳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい