ソフトバンクが大規模障害発生も復旧。店先で飛び交う怒号

2018.12.06
35
by gyouza(まぐまぐ編集部)
Image from iOS
 

12月6日午後1時39分頃、ソフトバンク回線で大規模な障害が発生し、日本各地で「圏外」になる状況が続いていたが、同日18時過ぎに「4G」による通信が復旧した(6日18:50現在)。

六本木にあるソフトバンクショップでは、回線が繋がらない状況の説明を求めるユーザーが殺到し、怒号も飛び交っていた。

Image from iOS

ソフトバンクは公式ページでは、今回の通信障害について以下のような公式コメントを発表した。

このたび、2018年12月6日(木)午後1時39分ごろから午後6時4分までの間、全国で“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の4G(LTE)携帯電話サービス、固定電話サービスの「おうちのでんわ」がご利用できないまたはご利用しづらい状況が発生していました。また、「SoftBank Air」についても、一部地域でご利用できないまたはご利用しづらい状況が発生していました。本障害は、全国をカバーするエリクソン社製の交換機のソフトウエアに異常が発生したことによるものです。

お客さまには、多大なるご迷惑とご不便をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます。弊社では今回このような事象が発生したことを重く受け止め、再発防止策の徹底を図り、サービスの安定的な運用に向けて全力で取り組んでいきます。

(発生日時)
2018年12月6日(木)午後1時39分ごろ

(復旧日時)
2018年12月6日(木)午後6時4分

(影響地域)
全国

(原因)

2018年12月6日(木)午後1時39分ごろ、全国のお客さまをカバーする、東京センターおよび大阪センターに配置してある、エリクソン社製パケット交換機全台数で、同社ソフトウエアに異常が発生しました。

なお、同ソフトウエアは9カ月前から運用しており、同ソフトウエアによる異常は、エリクソン社製の通信設備を使用する海外(11カ国)の通信事業者においても、ほぼ同じ時刻に同様に発生していると、エリクソン社から報告を受けています。

ソフトウエアを旧バージョンに戻すことで、復旧を行いました。

と、原因は「エリクソン社製パケット交換機全台数で発生した、ソフトウエアの異常」だったと発表している。

今回の通信障害を受けて、総務省は契約者全体という影響人数の多さと障害発生から復旧まで4時間余りという時間を、電気通信事業法上の「重大事故」と判断。30日以内にソフトバンクに対して事故の詳細と再発防止策の報告を求める方針で、業務改善命令を出すことも検討するという。

Image from iOS02 copy

また、訪日外国人などは、なぜ繋がらなくなったのかわからずパニックになっている人もいたといい、六本木のソフトバンクショップでは、店員が声を枯らして謝り続ける光景も見られた。

池袋のソフトバンクショップでは、入口を封鎖している店舗もあったという。

TWitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: MAG2 NEWS

印刷する

人気のオススメ記事

  • ソフトバンクが大規模障害発生も復旧。店先で飛び交う怒号
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい