「防衛は最大の福祉」中谷元防衛大臣の発言につきまとう違和感

shutterstock_190646285
 

12月18日に閣議決定された新防衛大綱。日本最大の護衛艦「いずも」の事実上の空母化が盛り込まれたことに対して、野党からは「専守防衛逸脱」という批判の声が上がっていますが、与党サイドは今回の改定についてどのように説明するのでしょうか。健康社会学者の河合薫さんはメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、自身のラジオ番組にゲストとして迎えた中谷元元防衛大臣とのやり取りを紹介しつつ、「平和」について考察しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年12月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

防衛は最大の福祉?

ラジオは、国会の答弁や記者の囲み取材、あるいはテレビでは決して出てこない「言葉」を拾うことができるメディアです。

カメラのない小さなスタジオで気が緩む、というか思わず「本音がポロリとこぼれる。ラジオのメインが「パーソナリティ」と呼ばれる所以です。

私がコメンテーターで出演している「サキドリ(文化放送)」では、17日(月曜)に元防衛大臣で衆議院議員の中谷元氏にゲスト出演していただきました。

18日(火曜)に日本の新たな防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」と「中期の防衛力整備計画」が、閣議決定される見通しであるため、「ニッポンの防衛力ってどうなってるの?これからどうなるの?」という素朴な疑問を教えていただくのが目的でした。

中谷さんには初めてお会いしたのですが、とてもとても丁寧な方で、打ち合わせのときから周りをリラックスさせる心遣いのある紳士でした。

本番直前も「防衛のことはわかりづらいから、わかりやすく話しますね」とご自身で準備してきたメモを見直すなど、好印象。

オンエアが始まってからもメインパーソナリティの斎藤一美アナや、アシスタントの水谷加奈アナウンサーの質問にも、わかりやすく答えていました。

  • 日本の兵員の数(自衛隊の数)は14万人で、世界24位。上位国はインド、北朝鮮、中国
  • 日本の海の兵力は49万トンで世界5位。上位国はアメリカ、ロシア、中国
  • 日本の空の兵力は航空機400機で世界11位。上位国はアメリカ、中国、ロシア

…etc., etc.

とまぁ、あれこれ具体的な数字を出して教えてくださいましたが、「ん?日本って結構兵力高くない?」と、内心思うわけです。でも、中谷さんは「周辺国が軍事力を強めている状況がある」ということを繰り返しアピールし、「パワーバランス」という言葉を繰り返しました。

でも、やっぱり納得がいかないのです。そこで「いずもの空母化への疑問をぶつけたのですが、「母艦であって空母ではない」と。

「でも、事実上の空母ですよね?」と質問すると、「いわゆる空母ではない」と。

「でも、周辺国は空母としかみないですよね?」と食い下がると、「一般社会の常識の空母じゃない自衛隊の常識での空母」だと。

ふむ。なんだか「いわゆる移民ではない」によく似ています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「防衛は最大の福祉」中谷元防衛大臣の発言につきまとう違和感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい