ドラゴン桜の指南役が伝授、新年度は教科書の目次をコピーせよ

shutterstock_1020011011
 

新しい年度が始まり子供たちも気分一新、なにかを決意し目標を立てるタイミングになりました。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、親子の間で話し合う夢や目標、そしてその達成に向けての具体的な進め方を紹介しています。

学年始めにやっておくこと

子どもたちにとって4月の新年度の始まりはお正月と並んで大きな節目だ。新学年で何をがんばるか新しい決意をするのにこれほどふさわしい時はない

この時期、子どもは子どもなりに新学年への希望を持っている。たとえ、それを口にしない子でも「今年こそ○○をやりたい」「いままでにない自分を出したい」と思っている。

前回、学年末と春休みの過ごし方について述べたが、子どもたちの成長を振り返って、褒めてやり、モチベーションが上がったときに、親子で新しい年の夢や目標を話し合ってみよう

「去年は漢字ができなかったから、今年はがんばろう」ではモチベーションが上がらない。また、いきなり「夢や目標を言ってごらん」では子どもが構えてしまって、お説教された気持ちになってしまう。

これまでのがんばりを褒めて楽しくおしゃべりするなかで、自然に夢や目標が形になっていくのが理想的だ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ドラゴン桜の指南役が伝授、新年度は教科書の目次をコピーせよ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい