中国の浸透工作に豪が陥落寸前。日本にも伸びる習政権の魔の手

 

一方、これまで、西側先進国では最も閉ざされていた日本はそこまで浸食されていないように見えます。

しかし、実際には全く同じことがなされているという情報があります。

全く同じことが進行しているが、自浄能力が無いために表ざたにもならないというのです。

最近の日本政府の動きを見ていればその可能性は十分高いと言えます。

猛攻撃を受けたが、現実に目覚め、警戒感を強めるオーストラリアとニュージーランド。表面的には何も見えず、スパイ防止法もなく、政治家の癒着も追及されない日本。

本当に危ないのはどちらでしょうか?

「中国が悪いならアメリカも悪い」と言っている場合でしょうか?我々日本人はすでに「ゆでガエル」なのかもしれません。

山岡鉄秀 Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

image by: Tony Abbott - Home | Facebook

アメリカ通信この著者の記事一覧

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 』

【著者】 アメリカ通信 【発行周期】 週刊、不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国の浸透工作に豪が陥落寸前。日本にも伸びる習政権の魔の手
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい