人気の自転車。トレーニングの効率を上げるサプリメントの摂取法

 

次に重要なのが水です。私たちの体の約60%は水分なので、いわば水のタンクを背負っているようなものです。ところが、このタンクには無数の穴が空いていて、どんどんと水は漏れていってしまいます。従って、如何に、レース中にこのタンクの水をしっかりと維持しておくかがポイントとなるわけです。

水の次に優先順位が高いのがナトリウムとなります。日常の食生活においては、ナトリウムの摂り過ぎは健康によくありません。減塩の味噌や醤油が流行るのも、ナトリウムの摂り過ぎを避けるためでしょう。

ところが、練習やレース中においては汗から大量のナトリウムが放出されてしまうので、このナトリウム不足を補う事が重要となります。ちなみに、水分不足による熱中症以外にも、ナトリウム不足も熱中症となります。この場合は、体が攣るという症状が起きやすくなるのです。

そして、その次に大切なのがエネルギー源となる糖質です。水分、ナトリウム、エネルギー源としての糖質の3点セットを賄えるという点でCCDは自転車を乗る人には人気があります。

しかし、ここで大切なのは、レース中の補給のみならず日頃からのグリコーゲンリカバリーです。如何にグリコーゲンのタンクを一杯にしておけるか。

グリコーゲンが足りない状態では脂肪も燃焼効率を著しく落としてしまいます。とにかくグリコーゲンが減ったら、すぐにその材料を補充する癖をつけておくことです。以前の号でもご紹介しましたが、米はグリコーゲンの材料としても最適といえます。

そして、最後にタンパク質となりますが、ここでのタンパク質はBCAAを指します。レース中の血中のBCAA濃度を如何に高めておくかがパフォーマンスの向上と、レース後の筋疲労の回復に役立ちます。

この一連の酸素→水→ナトリウム→糖質→BCAAは、エネルギー産生をスムースにするための材料となります。そして材料を実際にATPというエネルギーにするために、総仕上げとして補充したいのがコエンザイムQ10です。

材料が足りなかったり欠けていてはATPは作られません。しかし、材料だけではATPにはならないのです。実際に、材料をATPに変える役割として重要な成分コエンザイムQ10ということになります。

image by: Chz_mhOng, shutterstock.com

桑原弘樹この著者の記事一覧

桑原塾塾長 桑原弘樹は、国内大手食品メーカーでサプリメント事業を立ち上げ、全商品の企画開発に携わる一方、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 日本支部PDAなどの立場で、国内外問わず多くのトップアスリートに直にコンディショニング指導を行ってきた。サプリメントは作るだけにとどまらず、「日本で一番使っているのでは」と豪語するほどのユーザーでもあり、年間300回のワークアウトも欠かさない。サプリメントやダイエットなどの分野で、多くの情報が散乱する昨今。サプリメントを作り、自ら試し、活用法を指導してきた、桑原塾長が、本物で価値あるボディメイク情報を提供すべく、スクランブル発進する!!!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 届け!ボディメイクのプロ「桑原塾」からの熱きメッセージ 』

【著者】 桑原弘樹 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 人気の自転車。トレーニングの効率を上げるサプリメントの摂取法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け