NHK受信料スマホ所有で徴収も?「改正放送法」成立に批判が殺到

2019.05.29
1357
by gyouza(まぐまぐ編集部)
 

NHKの番組を放送と同時にインターネットにも流す「常時同時配信」を可能にする「改正放送法」が29日、参院本会議で賛成多数で可決されて成立しました。報道各社が速報で一斉に報じました。NHKは、東京五輪の聖火リレーが始まる2019年3月にもサービスを始める方針とのことで、PCやスマホで番組を視聴できるようになるということです。地上波の総合テレビとEテレの全番組が対象となります。この改正法では、「ネット事業の費用などを毎年度公表することを義務化」したほか、費用の上限などを定めた「実施基準」を総務大臣が認可し、基準が守られない場合には総務大臣が勧告する権限を付与しました。

PCやスマホでNHK番組を視聴可能にしたのは「受信料」徴収の口実?

この「改正」について、テレビを見る習慣のない世代や、NHKを視聴しないネットユーザーからは「スマホやPCを持っているだけで受信料を徴収されるということか」「改悪だ」「受信料を取りたいだけでは?」などと批判の声が殺到しています。また、先の統一地方選で大躍進を遂げた「NHKから国民を守る党」関係者も同改正に対してコメントをツイッターに投稿し、批判を展開しているようです。なお、今回の改正法成立では、具体的な「受信料の徴収」に関する新ルールについての話はまだ出てきていません。NHKの受信料徴収に有利に働くとされている改正について、ネット上の声を取り上げてみました。

【参考】

● 放送法の一部を改正する法律案について(総務省)(PDF)

● 放送法等の一部を改正する法律案 新旧対照条文(総務省)(PDF)

Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Takkystock

印刷する

人気のオススメ記事

  • NHK受信料スマホ所有で徴収も?「改正放送法」成立に批判が殺到
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい