「いきなりステーキの業績改善策は?」人気コンサルに聞いてみた

14925555358_1025f3eb2a_z
 

読者からのさまざまな質問に回答してくれる、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、「いきなりステーキ」が打ち出した業績改善策に疑問を感じる読者からの「永江さんならどんなコンサルをするか」という質問に答えます。永江さんは、「いま肉を熱心に食べている人の属性をよく分析」することが大切とアドバイス。その人たちを意識した改善案を披露しています。

わたしが「いきなりステーキ」のコンサルをするなら

Q. タイのバンコクで起業している者です。1年ほど前からメルマガに登録し毎週拝読しております。さて、私が永江様に伺いたいのは「いきなり!ステーキ」の業績悪化についてです。

J-CASTニュース(全文表示 | いきなり!ステーキが「肉離れ」? 今後は「牡蠣」投入、メニュー拡充の意図は)では、同グループの業績が厳しさを増し、19年3月は前年同月比73.3%にまで落ち込んでいると報じられています。

要因として挙げられている主なものは「競合他社の参入」。この状況で同社は、他社との差別化を図るため打開策として「メニューの拡充」を掲げました。拡充するメニューとは「子どもや女性、年配客をターゲットとした「わんぱくワイルドステーキ」「わんぱくハンバーグ」を、5月16日からは「生牡蠣」「焼き牡蠣」を一部店舗で販売開始」したそうです。

ステーキに特化した「専門性」をウリにした『いきなり!ステーキ』が、牡蠣やハンバーグをメニューに加え拡充すると、いままで培ってきた「専門性」が薄れ、ブランディング力を低めてしまい、地盤沈下につながるように感じます。

もし永江さんが「いきなり!ステーキ」のコンサルをするならば、「次の一手」は何を打ちますか?

永江さんからの回答

わたしがコンサルするなら、まず最初にサラダやワインなどのメニューを拡充します。次にWeb予約ができるようにして店舗の利便性を高め、居心地を良さを向上させますね。

順番に説明しますと、まず1つ目はいま熱心に肉を食べに来ているのは健康志向で体作りをしている人なので、その人たち向けのサービスを向上するんです。1~2か月に1度来るファミリー層を狙っても儲かりません。

具体的には、まず何よりサラダバーを始めるか大きなサラダメニューを用意します。健康観点では肉とご飯だけ食べるのは超致命的で、まず野菜をたくさん食べなきゃいけないのに、いきなりステーキには小さなレタスサラダくらいしかないので足が遠のいてしまうんです。

よく肉を食べている健康志向のお客さんのトレンドを完全に外しているわけですね。競合のステーキガストもご飯の代わりに野菜と肉だけ食べられるようになりましたし、筋肉食堂もバケツみたいなサラダがあって、まず野菜を摂ってから肉を食べられます。

それから1つしかないソースの種類を増やして、わさび醤油とかシーズニングなど健康志向の人に向けて味の種類を広げることも重要です。

ワインの種類も増やし、安いハウスワイン以外を楽しめるようにしてつまみも揃え、まずはワインを飲みながらサラダとおつまみを食べてもらってから肉を出す、といった流れで飲み食いしてもらった方が満足度も高いし儲けも出ると思います。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「いきなりステーキの業績改善策は?」人気コンサルに聞いてみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい