中国当局が香港デモで体力を使う間に世界覇権争いで勝ちを狙う米

 

アメリカのシナリオ

アメリカは、香港情勢をどう見ているのでしょうか?

米、中国介入なら制裁検討も=香港デモ対応でけん制

2019年06月15日09時06分

 

【ワシントン時事】ロイター通信によると、米政府高官は14日までに、香港の「逃亡犯条例」改正への抗議デモに中国が直接介入するなどした場合、米国が制裁を検討する可能性があるとけん制した。一方、香港に貿易やビジネス分野で中国本土と異なる特別の地位を認めた米連邦法について、「中国による劇的な動き」がない限り、見直されないだろうとの見通しを示した。同高官は、香港情勢を受けた米国の対応について「中国の動き次第だ」と指摘。制裁を検討するケースとして、中国が軍を投入し、香港の警察に代わって実力でデモ隊を鎮圧するといった事態を挙げた。米中の貿易交渉が、香港に関する米国の方針に影響を及ぼし得るとも説明した。

制裁を検討するケースとして、中国が軍を投入し、香港の警察に代わって実力でデモ隊を鎮圧するといった事態を挙げた。

これって、「内政干渉」の気がしますが、ありえますね。天安門事件の時も制裁になりましたから。これからもデモがつづいて、香港警察だけでは手に負えなくなった。中国政府は軍を投入して鎮圧した。アメリカは、「中国は、自国民を大虐殺した!!!」と非難し、対中国制裁網を築こうとするでしょう。

欧州は今アメリカと中国の間で揺れています。しかし、天安門並みの虐殺が起これば、制裁に参加することになる。そうなったら、日本ももちろん参加すべきですね。アメリカの見通しは、こんな↑感じでしょう。中国だってそんなこと想定できる。だから、なかなかデモに対し強気に出れない

中国に激怒。香港103万人デモに吊し上げられた習近平の崖っぷち」でも書きましたが、中国政府は困ってしまいます

  • デモを弾圧すれば、「天安門の再来だ!」と非難され、制裁を科されることになる
  • そうなれば、米中覇権戦争で、アメリカが圧倒的に有利になってしまう
  • しかし、デモを放置すれば、どんどん要求がエスカレートしてしまう

難しい局面です。中国政府は、どんな決断を下すのでしょうか?しばらくしたらわかるでしょう。

image by: Teddy Hung / Shutterstock.com

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 中国当局が香港デモで体力を使う間に世界覇権争いで勝ちを狙う米
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい