中国に激怒。香港103万人デモに吊し上げられた習近平の崖っぷち

kitano20190911-e
 

9日に香港で行われた、刑事事件容疑者の中国への移送が可能となる「逃亡犯条例」の改正に反対する市民らによる、大規模なデモ。主催者発表では100万人を超える人々が参加したというこのデモに、中国当局はどのような対応を取るのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、「弾圧も譲歩もしがたい状況」と読みます。北野さんはなぜそう判断するのでしょうか。

香港で100万人デモ!

香港で100万人規模のデモが起きました(主催者側発表ですが)。

香港で「103万人」デモ 容疑者移送条例に反対

6/9(日)18:35配信

 

【香港共同】香港の民主派団体は9日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモを行った。主催者発表で103万人が参加。香港に高度の自治を約束した「一国二制度」崩壊への懸念から、1997年の中国への返還以降、最大規模のデモとなった。警察はピーク時に24万人が参加したと発表した。

主催者発表で103万人警察発表で24万人。実数は誰にもわからないでしょうが、「メチャ多い」とはいえますね。

このデモでは林鄭月娥・行政長官の辞任を求める声も多く見られた(動画)



 デモの理由は?

香港で9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する大規模なデモがあった。
(毎日新聞 6月9日)

逃亡犯条例改正案について、香港市民の間には「冤罪(えんざい)で拘束され、中国本土で公平ではない裁判にかけられる」との懸念が強まっている。
(同上)

冤罪で拘束され中国本土で公平でない裁判にかけられる」

それは、そうでしょう。「反習近平発言をした」というだけで、捕まる可能性がありますね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国に激怒。香港103万人デモに吊し上げられた習近平の崖っぷち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい