事実婚は?保険料滞納中は? 遺族年金を貰える人、貰えない人

 

1.昭和43年8月4日生まれの男性(今は50歳)

何年生まれ→何歳かを瞬時に判断する方法!

18歳年度末の翌月の昭和62年4月から平成29年6月までの363ヶ月は厚生年金に加入。なお、昭和62年4月から平成15年3月までの192ヶ月の平均給与(平均標準報酬月額)は34万円とし、平成15年4月から平成29年6月までの171ヶ月の平均給与(給与と賞与を合計した平均)は51万円とします。平成29年7月から令和元年5月までの23ヶ月は国民年金に加入していたが、滞納中だった。

令和元年5月31日に死去(6月1日に国民年金資格を喪失するので、5月までの年金記録で今までの記録を見る)。国民年金滞納中の死亡ですが、滞納であろうと未納であろうと国民年金強制加入中20歳から60歳までの死亡なので対象の遺族が居れば遺族年金は支給される。民間保険だったらちょっと滞納続いたら契約解除させられてしまいますけどね^^;

なお国民年金加入中の死亡なので本来は遺族基礎年金の給付しかありませんが、厚生年金に300ヶ月以上の期間があるので遺族厚生年金も出る

平成27年3月から昭和50年6月16日生まれの女性(今は43歳)と事実婚状態で、その子12歳(前夫との子)の子も同居していた(事実上の養子縁組状態だが正式な養子縁組はしてない)。

さて、事実婚だったから遺族年金の支給対象者となった。

ちなみに子は死亡者の夫の実子ではないので遺族年金の遺族の範囲には入らない(実子または養子縁組していたら配偶者と同じ受給権者になれた)。事実上の養子縁組というのは認められない。よって妻は「子のある配偶者にはならない。支給されるのは363ヶ月分の遺族厚生年金であり、受給権を持ち、支給されるのは事実婚の妻のみ。

  • 事実婚の妻に支給される遺族厚生年金(死亡した日の翌月である令和元年6月分から)→(34万円×7.125÷1,000×192ヶ月+51万円×5.481÷1,000×171ヶ月)÷4×3=(465,120円+477,998円)÷4×3=943,118円÷4×3=707,339円

さらに死亡当時、妻は40歳以上なので中高齢寡婦加算585,100円(令和元年度価額)も支給。

  • 遺族年金総額は、遺族厚生年金707,339円+中高齢寡婦加算585,100円=1,292,439円月額107,703円

というわけで、事実婚でも支給を認めてくれる遺族年金ですが、遺族年金は再婚したら年金がそこで消滅しますよね。覚えてますか?再婚したら再婚相手と新たな生計維持関係が発生するから、遺族年金はもう必要ないよねって事で消滅するのです。


参考

遺族年金受給者が市役所で氏名を変更した際は、婚姻によるものか復氏(旧姓に戻しただけなのか)の確認の書類を送付します。その確認のために遺族年金失権届と遺族年金受給者氏名変更届の2枚の用紙を送付している。これを2週間以内に提出しなかったら年金が一時停止(差し止め)される。まあ、年金振込通知書等を遺族年金受給者に送る時も年金が消滅(失権する場合)する場合の注意書きが同封されている。


再婚すると遺族年金は消滅してその後離婚したりしても復活する事は絶対ありませんが、事実婚になっても同じく遺族年金は消滅します。事実婚を解消したところで絶対に遺族年金は再復活しない。あんまり「絶対」という言葉は使いたくないですがこの場合は絶対^^;

例えば、令和3年9月に新たな事実婚が始まったとしましょう。事実婚状態なのに、それを申告せずに6年間年金を貰い続けたとします。そうすると事実婚と認められる時まで遡って遺族年金を返還してもらいます(最大でも5年分)。最大5年分だから返済額は約650万円くらいですね。

事実婚でも遺族年金は貰えますが、逆に遺族年金を貰ってる人が事実婚状態になっても遺族年金は消滅するので頭に入れておきましょう。

image by: Shutterstock.com

『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』

年金アドバイザーhirokiこの著者の記事一覧

年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』

【著者】年金アドバイザーhiroki【発行周期】不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • 事実婚は?保険料滞納中は? 遺族年金を貰える人、貰えない人
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい