米軍駐留費「日本5倍負担を」米大統領補佐官の発言にネット賛否

2019.07.31
2012
by gyouza(まぐまぐ編集部)
8488422358_da1eeed469_k
 

トランプ米政権のボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が先週、日本を訪問した際に、在日米軍の日本側負担について、現状の5倍となる巨額の支払いを求める可能性があることを伝えていたことがわかったと、朝日新聞がスクープとして伝えている。米側の「言い値」と見られているが、日本には波紋が拡がっている。

米政府関係者が朝日新聞の取材に明らかにしたという。ボルトン氏は国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長とともに、7月21、22日に来日し、河野太郎外相や谷内正太郎国家安全保障局長と会談し、朝日新聞の取材に応じたという米政府関係者によると、この際に日本側に増額を要求したとしている。「思いやり予算」と呼ばれる在日米軍駐留経費の日本側負担は2016~20年度の5年間で総額9465億円に及ぶが、21年3月末に期限を迎えるため、この5倍となれば膨大な金額になる。

ネット上では「日本に吹っかけ過ぎ」「無理だろ」「自立しろってことだよね?」「世界の財布日本」など、さまざまな意見が投稿されている。(随時更新)

Twitterの反応






※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 朝日新聞

image by: Gage Skidmore(CC BY-SA 2.0)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 米軍駐留費「日本5倍負担を」米大統領補佐官の発言にネット賛否
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい