文在寅のオウンゴール。GSOMIA破棄の韓国を徹底的に放置すべき訳

shutterstock_1482137075
 

8月22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した韓国。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、まず韓国のホワイト国除外を決定した日本側の対応のミスを指摘した上で、今回の韓国側の対応が何を招くかについてについて、米国を含めた視点で解説しています。

GSOMIA破棄で文在寅は【墓穴】を掘った

日韓戦争ですが、私はこれまで、日本側の対応には「二つの問題がある」と書いてきました。一つは、戦略的問題。もう一つは、戦術的問題です。

戦略的問題とは、日韓関係が最悪になり、日米韓の結束がなくなることで、一番得をするのは中国】だということ。

戦術的問題には、二つありました。一つ目は、「徴用工問題」の報復として、「輸出管理を強化する」「ホワイト国から外す」というのは、ロジックがやばい。徴用工問題と輸出管理は全然関係ない話で国際社会は理解できない

これ、最近は「今回の措置は徴用工問題とは関係ない」というようになりました。しかし当初は、政府もマスコミも「徴用工問題への対抗措置」といっていて、全国民がそのことを知っていた。

二つ目の問題は、政府の説明があまりにもおおざっぱすぎて外国メディアが日本の主張を全然理解できていない。たとえば外国メディアは、日本から韓国に輸出した戦略物資がイランやシリアなどに流れ、化学兵器製造に使われるリスクがあるといった話を全然知らない。知らないのは、政府が説明しないから。

政府は、「今回のは、安全保障上の措置」とか、「韓国側に不適切な事例があった」とか、「韓国側の制度に不備がある」などといっていますが、外国人記者は、「まったくわけがわからない。やはり韓国のいうとおり『歴史問題』が本音なのだろう」と思い、そう書いている。アメリカやドイツで、「日本が情報戦に劣勢で悪者にされている」例を、以下の記事でとりあげました。

高笑いの文在寅。韓国側の情報戦に負けた日本が「悪役」になる日

さて、次の大きなできごとが起こりました。皆さんご存知のように、韓国が「日韓GSOMIA」から抜けた。これはどうなのでしょうか?

日本と同じ「戦術的ミス」をした韓国

まず、基本から押さえておきましょう。GSOMIAとは、なんでしょうか?軍事情報包括保護協定のこと。日米韓で軍事機密を共有する協定。日米、日韓で別々に締結している。目的は、北朝鮮の脅威に対抗するため。2012年6月に締結される予定だったが、韓国が1時間前にドタキャン。2016年11月に締結された。韓国は8月23日、ここから抜けることを日本側に通知した。

韓国がGSOMIA破棄を通知

産経新聞 8/23(金)16:39配信

 

【ソウル=名村隆寛】韓国外務省は23日、長嶺安政駐韓国大使を呼び、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを通知した。同協定は11月22日を最後に終了する。

これ、どうなのでしょうか?

思い出してほしいのですが、日本は、「徴用工問題」の報復で「輸出管理」を強化した。これは、「全然関係ない話なのでヤバイ」という話でした。で、実際、日本は欧米メディアから「悪者扱い」されている。この原則、韓国にだって当てはまるはずです。

今回の措置はどうなのでしょうか?「ホワイト国から外されたから、GSOMIAから抜ける」というのは、全然筋が通っていません。「ホワイト国」と「GSOMIA」は、全然関係ない話ですから。当然外国は理解できないでしょう。

ちなみに韓国、「ホワイト国除外への報復はもうすませています。韓国は8月12日、「日本を輸出管理の優遇対象国から除外する」と発表した。つまり、韓国も、日本を「ホワイト国」から外した。本来、韓国の日本への制裁は、ここで終わらなければならない。いってみれば、「目には目を、歯には歯を。ホワイト国除外には、ホワイト国除外を」です。ところが、韓国はまだまだ反撃するようです

この「GSOMIA」離脱、日本の打撃はどうなのでしょうか?実質、「何の影響もない」といえるでしょう。問題とされるのは、「韓国がもっている北朝鮮の情報が入ってこなくなること」です。しかし、韓国が情報を出すかどうかは、韓国が決める。

日韓関係が、最悪である。「レーダー照射事件」で自衛隊と韓国軍の関係も悪い。

こんな状況ですから、「GSOMIAがあるから、知ってる情報を全部日本に出さなきゃ」などと韓国政府が考えるはずはない。つまり、今までだって、「持ってる情報を全部出していたわけではないだろう」と想像できる。要するに、GSOMIAがあってもなくても状況は変わらないと。それに、本当に必要な情報は、アメリカから入ってきます。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 文在寅のオウンゴール。GSOMIA破棄の韓国を徹底的に放置すべき訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい