ニッポン大丈夫か。在韓31年の日本人が山本太郎を応援する理由

kp20191001
 

経済成長を失い世界でも類を見ない「デフレの20年」を送った我が国日本。その間に貧困問題はじわじわと広がってしまっているようです。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴31年の日本人著者が、韓国と日本の生活レベルで感じる豊かさの差や、市民の生活水準が総じて貧しくなっている日本の異常事態をわかりやすく訴える、山本太郎氏の衝撃の演説内容を紹介しています。

日本を立て直す

このメルマガ、いちおう基本コンセプトは韓国に住む日本人が、韓国の生のフェーズ(phase)を日本語で日本の方に紹介するというもの。それで、はじめのころは韓国語講座みたいなものをやったり、韓国で免許をとろうというテーマで免許に関する韓国語講座みたいなものをやったりといろいろやってきて、4年ぐらい前から今のスタイルの韓国時事的情報を中心として発信している。

でも考えてみると、あくまで筆者のアイデンティティは日本人であり日本のためになることを願うメルマガでもある。日本のため(ひいては世界のため、あるいは人類のため、地球のため)になるのならば内容はどんなことでもいいんじゃないのか。発信する内容はなにも韓国情報にかぎらなくて、自由に書いてもいいんじゃないのかと思うようになってきた。

なぜこんな前置きのことばを書いたかというと、最近山本太郎が北海道から駅前街頭演説ツアーをやっているユーチューブをみて非常に感銘をうけ、いてもたってもいられない心境になったからである。

れいわ新選組

太郎氏本人は今は参議院議員ではない。この前の選挙で落選したゆえ。でも「れいわ新選組から二人の議員を国会に送ることに成功し、本人は同党の党首だ。議員時代よりもっと忙しいと本人は言っている。

太郎氏の「北海道旅打ち演説会」を見てはじめて知ったのだけれど、日本ってこんなにもヒンコンだったのか。子どもたちの7人に1人が貧困、高齢者5人に1人が貧困、障碍者4人に1人が貧困、単身女性3人に1人が貧困。こちら韓国でもよく言われるのは日本は国は金持ちなんだけど個人は貧乏なんだという話。ネット記事をみると、韓国が日本の貧困率をみてばかにしているとか、そういうくらだらない記事が目に入るけれどそういう話ではない。

実際こちらで暮らしていて感じるのは、マンションの作りが韓国のほうがはるかに豪勢」だし、不景気だとはいっても人々の購買意欲とか建設事業の活発さは日本よりはやはり高いレベルにあるといったことども。

30年前、筆者が韓国に来て語学の勉強したりしているころ、たまの一時帰国で田舎に帰り、久しぶりに幼馴染にあってしゃべったとき、「韓国にも信号ってのがあるかい」と聞いてきた友がいた。「おめえ、知らねえのもホドがあるべ」とやつの顎にストレートをかましてやりたい気持ちをぐっと抑えて、「こんど、来てみろよ」とおだやかに言ったことをきのうのことのように思い出す。

あれから30年(実際には31年)。日本も変わり、韓国も変わった。今でも勿論日本のほうが経済的にもノーベル賞的にもはるかに「上」をいっているけれど、どこまで持つかいな?という気持ちが太郎さんの「旅打ち演説会」を聞いて、ものすごく強くなっている。日本危うし

でも、こういうことはある。2017年の4月ごろ、北朝鮮のキム・ジョンウンが弾道ミサイルはぶっとばすわ、核実験はするわで、周辺国がパニックに陥ったときがあった。すぐにでも韓国のソウルが火の海になるんじゃないのかといわれたことがあった。筆者もこのメルマガ(キムチパワー#159)でも書いたけど、風雲急を告げる韓国情勢ではあった。日本にいる友らからも、「おい、大丈夫か」というメールやラインをもらったりした。でも、韓国にいる当事者(わたし)は、けっこう何事もなく天下泰平といった気持ちで過ごしていたことを思い出す。つまり当事者というのは周りで心配するほどではないという定理があるということ。こういうことを思うと日本の貧困に関しても案外当事者日本の方たちはけっこうそんなこと実感せずにすごしているのかもしれない。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • ニッポン大丈夫か。在韓31年の日本人が山本太郎を応援する理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい