わいせつLINE強要、目に激辛カレー。教員4人が同僚いじめ大炎上

2019.10.04
1924
by gyouza(まぐまぐ編集部)
1024px-Kobe_City_Higashisuma_elementary_school
 

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かったと、神戸新聞NHKニュース共同通信産経新聞など各メディアが伝えた。本来いじめを注意する立場の教員たちが、自ら同僚の教員をいじめていたという衝撃のニュースに、ネット上では批判の声が殺到。そのいじめ行為の数々は、顔をしかめたくようなものばかりで、SNSは炎上状態となっている。

教員の間でいじめがあったのは神戸市須磨区の市立東須磨小学校で、加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人。NHKニュースによると、市教育委員会の話として、この学校に勤める男女教員4人が、2018年から今年にかけ同僚で20代の男性教員に対して日常的に暴言を浴びせたり、LINEを使ってほかの同僚の女性教員に性的なメッセージの送信を強要し、男性教員の車の上に乗ったり車の中に飲み物をわざとこぼすなどの悪質ないじめを繰り返していたという。また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていたとも証言したという。男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているとした。

6月に別の教員らから学校の管理職に相談があり発覚。学校は7月に市教委に「人間関係のトラブルがあった。校内で解決した」と報告していたという。市教委側は9月に男性教員の家族の訴えで嫌がらせに関する情報を得たとしている。市教委は10月に入って加害者側の4人を授業から外して休ませているという。3日夜に開かれた保護者対象の説明会では、教員5人が不在となる事態に保護者からは今後の学校運営について不安の声が上がったとしている。この件を受けて、4日、市教育委員会は記者会見をおこない、「児童、保護者をはじめ、市民の信頼を著しく失墜する行為で、心からおわび申し上げる」と謝罪した。また、男性教員以外に3人の20代教員もいじめ行為を受けていたことを明らかにし、うち女性2人、男性1人で、女性へのセクハラ行為があったほか、男性に対しては、ポンコツの意味で「ポンちゃん」というあだ名を付けて呼んでいたという。

この事件を受けて、ネット上では「小学生のいじめですか?」「先生が目にカレー入れるとかありえない」「いじめじゃない、犯罪だろ」「逮捕して顔と名前をさらせ」と言った厳しい声が多数挙がり大炎上状態となっている。

Twitterの反応







source: 神戸新聞NHKニュース共同通信産経新聞

image by: KishujiRapid [CC BY-SA 4.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • わいせつLINE強要、目に激辛カレー。教員4人が同僚いじめ大炎上
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい