国際交渉人が懸念。アジアを混乱に陥れるトランプ外交の袋小路

shutterstock_321867656
 

アメリカの大統領選まであと1年。再選のみをターゲットとして繰り出されるトランプ大統領の外交・経済戦略が袋小路に入り込んでいると語るのは、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で国際交渉人の島田久仁彦さんです。島田さんは、トランプ外交により混乱に陥っている朝鮮半島情勢と中東情勢を詳しく解説。特に中東に関しては、トルコとサウジの動きにより世界戦争が始まるかもしれないと、最大級の懸念を示しています。

トランプ外交がもたらす国際情勢への甚大な危機

アメリカ大統領選まであと1年ちょっととなり、トランプ政権の外交フロントもいろいろと騒がしくなってきました。強硬姿勢を崩さない対イラン情勢、過度な肩入れをするイスラエル情勢、シリアやイラクなどに代表される中東情勢、中国との激化する一方の貿易戦争、日本以外とは遅々として進まないFTA交渉、そして北朝鮮情勢。

何とか外交・経済面で得点を稼ぎ、来年の再選に繋げたいとの思惑とは逆に、成果は乏しく、もしかしたら、トランプ大統領の足を引っ張りかねない状況になっています。国内の政治的なゲームと結びついているウクライナ疑惑や、解決の糸口が見つからず、相手にもされていないメキシコ・ベネズエラをはじめとするラテンアメリカ問題は別として、トランプ政権は中東地域とアジア地域の2正面で戦いを仕掛け、どれも袋小路に陥っています。

米中貿易戦争(報復関税合戦)は、このところ、中長期的にはアメリカへの打撃も大きく、中国を利する可能性があることで少しアメリカ側の軟化も見られますが、米中間の実務者協議での議論も平行線をたどり、今期中の解決は期待できないかと思います。

これにより、東南アジア諸国の経済成長ミラクルは止まるかスピードが著しく落ちますが、すでに『アジア経済のアジア化』(アジア地域で生産し、消費するというアジア版地産地消で、アジア外の地域への輸出が減っているという状況)を受けて、ショックの吸収も進んでいるかと思います。同時に、東南アジア諸国のアメリカ離れも加速しています。今回、中国に終わりなき戦いを挑んだことで、アメリカは東南アジア諸国を失うことになったようです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 国際交渉人が懸念。アジアを混乱に陥れるトランプ外交の袋小路
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい