豆腐だけじゃ勿体ない。元板前は湯豆腐に牡蠣とニラ玉を入れる

1202gr_ec
 

冬になると食べたくなる「湯豆腐」ですが、ほんのひと手間加えれば、さらに美味しくなる上に風邪予防の効果も期待できるのだとか。今回の無料メルマガ『おひとりさんが健幸的に食べるシンプル調理の和風レシピ!』では、かつて板前として腕をふるっていた著者の佐藤周生さんが、そんな「変わり種湯豆腐」の作り方を紹介しています。

こんな「湯豆腐」いかがですか?

佐藤です。カキが美味しく感じる寒さになってきましたね。今回は、「カキとニラで作るだし湯豆腐」を伝授します。

湯豆腐というと、昆布と水で焚いて醤油だしやポン酢で食べるパターンが多いと思います。それも美味しいのですが、私がおすすめしたい湯豆腐は、「だし湯豆腐」。…鍋だしなどで豆腐を焚いて、ポン酢などは付けずに鍋だしの味で食べる湯豆腐」です。だしの味でそのまま食べることができるので、旨味の出る具材をちょっと加えてあげると、だしが美味しくなってさらに旨い!私が居酒屋で働いていた時は、定番の湯豆腐より、「だし湯豆腐」のほうが注文が多かったような気がします。その居酒屋では、アサリとかその日仕入れた、魚介類をちょっと加えて、だしの旨味をアップさせてました。美味しさより、栄養のための湯豆腐にするなら、だしに生姜を入れるという方法もありますね。かなり体がポカポカしてきます。生姜は、生のおろし生姜より加熱して摂取した方が体が温まりますので…。

で、今回私がおすすめする、だし湯豆腐は、「牡蠣とニラ玉のだし湯豆腐」。旨味の出る具材にカキ、木綿豆腐をガッツリ入れて、ここにニラ、そして溶き卵も加える。ニラも生姜と同じような効果があって血行促進、抗酸化作用もあって免疫力を高める効果が期待できます。この時期の風邪の回復、予防に役立ってくれそうですね。それと味的には、卵を加えることで甘みが増して食べやすくなります。ニラと玉子のセットなので“ニラ玉”です。

この「だし湯豆腐」酒のアテにもなりますが、ボリュームがあるのでメインのおかずとしても食べて頂けます。レシピ、見て下さい。

レシピ

【材料】(1人前)

  • 牡蠣……6粒(70g)
  • もめん豆腐……1/3丁(200g)
  • ニラ……2本
  • 卵……1個

【湯豆腐だし】

● 鍋だし割合「だし(水)12:みりん1:淡口醤油1」(鍋だしの詳しい作り方はこちらをご覧下さい)

  • 水……360cc
  • みりん……大さじ2杯(30cc)
  • 淡口醤油……大さじ2杯(30cc)
  • 粉カツオ節……小さじ2杯(カツオ節なら何でもOK)

1.カキ(使うのは6粒)は大根おろしで洗って表面の汚れを取ります。

ボウルにカキ、大根おろし(大さじ1杯強)を入れてカキが潰れないように大根おろしを絡めます(混ぜる)。大根が黒くなればOK。

1202gr_1

2.水で洗います。

「ボウルに水を溜める」⇒「その中でカキをすすぐ」⇒「ザルに入れる」。これを2~3回繰り返して、大根おろしを洗い流します。
1202gr_2

3.水気をよく切ります。
1202gr_3

 4.豆腐は、8~10等分に切ります。
1202gr_4

5.ニラは、1cm幅で切ります(長く切ると噛みにくいので)。

1202gr_5 

 6.卵は、ボウルにに割り入れてよく混ぜておきます。

1202gr_6 

7.小鍋(一人鍋)に水(360cc)、みりん(大2)、淡口醤油(大2)を合わせます。

粉カツオ節(小さじ2杯)も加えて軽く混ぜて、強火にかけます。

1202gr_7 

8.鍋だしが温まってきたら(沸騰前)、豆腐、カキを入れます。

1202gr_8

9.沸騰してきたら、中火にしてアクを取りながら、3分焚きます(中火にしてから3分)。

1202gr_9 

10.3分後、ニラを入れます。鍋だしに浸かるようにちょっと沈めて20秒ほど焚きます。

1202gr_10

11.溶いた卵を少しずつ“回し入れます”(外側から内側に入れていくと綺麗にできます)。

1202gr_11 

12.玉子が少し固まったら、火を止めて出来上がり!

1202gr_12 

お好みで粉山椒、一味、七味を入れて食べて下さい。

今回は、カキを使いましたが、白身の魚、他の貝類、鶏肉、豚肉でも美味しくできます。是非、作ってみて下さい。

佐藤 周生この著者の記事一覧

板前歴23年の元料理人が一人分レシピの和風料理を伝授します! 10分の酒の肴、20分以内の簡単おかず、などなど…仕事で忙しい料理初心者の 方でも、健康的でボリュームのある手作り料理がマスターできます!気楽に作れ て晩酌が楽しみになりますよ。 「言われた通りに作ってたら、一通りの料理ができるようになりました!」 メルマガ読者さんから頂いた一番うれしかった感想です。 丁寧な説明なので、あなたにもできますよ! 

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 おひとりさんが健幸的に食べるシンプル調理の和風レシピ! 』

【著者】 佐藤 周生 【発行周期】 週3回発行(火・木・土)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 豆腐だけじゃ勿体ない。元板前は湯豆腐に牡蠣とニラ玉を入れる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい