安倍首相「連携より一層深める機会に」なったのか?日中韓首脳会議

2019.12.24
5
by 編集部サトシュウ
shutterstock_624518849
 

安倍晋三首相と中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領による3カ国首脳会議が、日本時間24日午前11時頃から中国内陸部の四川省成都市で行われました。会談を受けて行われた共同会見の中で、北朝鮮問題の解決に向けて、国連の安保理決議を確実に履行するなど、3か国が連携して対応していくことで一致したと明らかにしたとNHK時事通信が伝えています。

安倍首相「北朝鮮の完全非核化に向けて努力」

会談後の共同記者発表で安倍首相は「北朝鮮の完全非核化に向け、米朝プロセスを後押しすることが重要だ」と表明。また「拉致問題の解決に向け中韓首脳の理解と協力を求め、日本の立場に理解を得た」と述べました。そして、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)については「16カ国で早期署名を目指す。協定実現のため努力を続けることを確認した」と述べ、インドを含めた妥結を急ぐ考えを示しました。

文大統領「緊密な連携と協力を続けていく」

韓国の文大統領は「3か国は朝鮮半島の非核化と恒久的な平和のため、緊密な連携と協力を続けていくことにした。われわれは朝鮮半島の平和が3か国の共通の利益になるという認識をともにし、米朝間の早期の対話によって非核化と平和が実質的に進展するようわれわれも努力していくことにした」とし、さらに「3か国の協力をともに発展させてきた安倍総理大臣に感謝している」とも述べました。

李首相「経済の一体化を進めていく」

そして、議長国の中国の李克強首相は「私たちは自由貿易を維持し、経済の一体化を進めていく話し合いを行った。自由貿易の維持はわれわれだけでなく、多国間主義に有意義であり、世界にも意味がある」と強調。北朝鮮については、「朝鮮半島の問題について深く話し合いを行った。非核化し、東アジアの恒久的な平和を保っていくことが3か国の一致した目標と考えている。われわれは朝鮮半島の問題の解決に波及効果を持っている。国際社会とともに朝鮮半島問題を解決していきたい」と述べました。

安倍首相と文大統領はこの後、約1年3か月ぶりとなる日韓首脳会談に臨む予定です。

image by:Shutterstock

print
いま読まれてます

  • 安倍首相「連携より一層深める機会に」なったのか?日中韓首脳会議
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け