上がらぬ雨。宮迫「YouTuber説」浮上も、さんまは復帰に曇り顔

2020.01.28
4
by MAG2NEWS編集部 NK
Miyasako_日刊ゲンダイ_2
 

芸能活動を休止中の、お笑いコンビ雨上がり決死隊のメンバー・宮迫博之(49)が動画共有サイト「YouTube」で謝罪動画の配信を計画していることがわかったとスポーツニッポンが報じている。今後はYouTuberとしての活動を視野に入れ、30日までに公開する予定だという。


「まずはYouTuberとして」

スポーツニッポンによると、宮迫は「テレビ復帰は難しいので、まずはYouTuberとしてやっていく」と意思を固めているという。複数の関係者によると、すでに有名YouTuberの協力を得て準備を進めており、今月中旬に動画は撮影済みとしている。報道によると、早ければ1月30日までに配信する予定だという。

浮き彫りになった「闇営業」問題

宮迫は2014年12月、振り込め詐欺グループに関わっていた人物が代表をつとめる忘年会に出席。吉本を通さない「闇営業」で金銭を受け取っており、謹慎処分を受けていた。問題が発覚した直後は「これまで金銭を受け取っていない」と否定していたが、吉本興業のその後の調査で金銭授受の事実があったことが発覚。宮迫は会見で「相手が反社会的勢力だったことは今回の報道で初めて知った」とし、繋がりを否定していた。

自分だけ復帰しようとしていた

共に吉本興業のパワハラ疑惑を糾弾したロンドンブーツ12号の田村亮(48)は、1月30日に復帰のトークライブを開催。亮の相方、田村淳(46)が吉本興業との間に入り、根気強く交渉を続けたことから復帰することができた。フライデーの取材によると、ひとりでの活動も充実させている淳が、亮の復帰に本気になったのは宮迫が理由だという。宮迫は、亮に対し、「反社から金をもらっていない」と噓をつけといい、勝手に会見を主導して開催。しかし、その後、大先輩の明石家さんま(64)に泣きついて宮迫ひとりだけ復帰しようとしたとしている。これに淳は激怒し、亮の復帰に本気になったというのだ。

print

  • 上がらぬ雨。宮迫「YouTuber説」浮上も、さんまは復帰に曇り顔
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け