新型肺炎で封鎖される前の「武漢」は、どんな街並みだったのか?

jd20200204-eyecatch
 

2月4日現在、感染者数は2万人を超え、中国本土での死者は425人以上となっている新型コロナウイルスによる肺炎。感染は終息するどころか拡大する一方で、世界的な広がりを見せています。その感染源とされているのが、湖北省武漢市。現在はすべてのルートが封鎖されている武漢ですが、本来はどのような街なのでしょうか。今回の無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』では、上海在住の日本人著者ジンダオさんが、発症前の武漢の町並みを多数の写真を交えて紹介しています。

湖北省武漢の新型コロナウイルス発症前の町並みの様子

湖北省武漢。新型コロナウイルスで始めて耳にした方も多いと思います。今回は私が武漢出張時に撮りためた日頃の湖北省武漢の町並みのスナップ写真をご紹介。

何も騒ぎがない時はごく普通のどこにでもある中国の街。

早く騒ぎが収束して安全に安心して日常生活が戻る事を祈っています。武加油!

私が始めてここ「武漢」の名前を聞いたのは二十数年前。学友が高校を卒業後に日本の大学へ行かず湖北省武漢の大学へ留学したのでした。当時の私は中国に興味がなく、友人から凄―く薄いペラッペラの手紙用紙に留学の様子が書かれた手紙が届いたのを覚えています。

そんな武漢に今の私はビジネスで関わっているのですが、武漢に到着している瞬間に当時、手紙が届いた事を思い出しています。

正直私には何も出来ないのですが、いつもの日常に戻って、普段のように出張をする生活に戻ることを節に祈っています。

では武漢を中心とした町並みの写真をご紹介していきます。

武漢日本人街にある串焼き屋

武漢には日本人が住んでいる場所があり、そこには小さいながらの日本人街が形成されています。日本料理屋、スナック、BARなど駐在員を癒やす店舗があり、近くには駐在員や出張者向けサービスアパートメントなども。

その日本人街の裏手にある串焼き屋の写真です。

jd20200204-1

jd20200204-2

高層マンションを建設中の武漢都心部

地下鉄工事の真っ最中で地下鉄の各路線がまだ開通していなかった時に撮影した、高層ビルを建設中の工事現場の様子です。

武漢は建設ラッシュに湧く中国ではイケイケどんどんの勢いのある街の一つです。

jd20200204-3

jd20200204-4

jd20200204-5

print

  • 新型肺炎で封鎖される前の「武漢」は、どんな街並みだったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け