神戸大教授「悶絶するくらい恐ろしい」緩すぎた日本のコロナ対策

2020.02.19
342
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1626528310
 

新型コロナウイルスへの対策について、政府に批判の声が多くあがっている。「水際対策」は失敗し、横浜に停泊していた「ダイヤモンドプリンセス号」に対する措置も、集団感染を悪化させたと指摘されている。


中国に「忖度」原因か

日本では、感染経路のわからない感染例が続出。19日18時の時点でも、東京・杉並区で1人、相模原の病院で2人、沖縄で沖縄で1人、北海道で1人新たに感染が確認された。時事通信によると、首相側近は「1月時点で中国人すべての入国を止めるしかなかったが、もう遅い」と述べているとのこと。中国側から「大ごとにしないでほしい」と要請があったと政府関係者が明らかにしており、これも対応が遅れた要因のひとつだと考えられる。

ロシアは中国人の入国禁止

中国人団体観光客の受け入れや、国を結ぶ旅客列車の運行を全面的に停止していたロシアは、労働や私用、修学、観光を目的とした中国人の入国を20日から禁止する。ロシアはこれまでに2人の感染が確認されているが、両者ともすでに退院している。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 神戸大教授「悶絶するくらい恐ろしい」緩すぎた日本のコロナ対策
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け