日本医師会「緊急事態宣言を出して」と提言。医療崩壊に危機感

2020.03.30
248
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1682615746
 

新型コロナウイルスの感染が急増していることを受け、日本医師会は30日に記者会見を開き、「緊急事態宣言を出していただき、それに基づいて対応する時期ではないか」と提案した。日本医師会からの提言は異例で、今後大きな議論を呼びそうだ。

日本医師会が提言

HUFFPOSTによると、常任理事の釜萢敏(かまやち・さとし)氏は「専門家の間では緊急事態宣言はもう発令していただいた方がいいのではないかという意見がほとんど。感染拡大の状況を見れば、もう発令していい」とコメントした。

また、緊急事態宣言については会見の中で「宣言のインパクトは大きい」としたうえで、「政府は疫学だけでなく社会への影響をどう評価するか総合的な判断が必要になる。国がバランスをとって判断するだろう」と政府に対応を促した。

宣言に踏み切れない政府

一方、これに先立ち、同日午前の記者会見で菅義偉官房長官は、「現在の状況は緊急事態宣言との関係ではギリギリ持ちこたえている」との認識を示し、「国内の急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期だ」と述べた。

その上で、「自治体とともにこれまで以上に緊密に連携し、感染拡大防止に取り組む」と強調し、換気の悪い密閉空間や人が密集している場所を避けるなど、感染防止に向けた協力を改めて呼びかけていた。

また、「緊急事態宣言は、国民生活に重大な影響を与えることを鑑みて、多方面から専門的な知見に基づき慎重に判断する必要がある」と述べていた。

print

  • 日本医師会「緊急事態宣言を出して」と提言。医療崩壊に危機感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け