未曾有の事態で麻生氏が再登板?第2次麻生政権誕生はあるのか

2020.07.01
1024
by 編集部サトシュウ
kawai20200325
 

新型コロナウイルス対策への批判などもあり、長く続いた安倍一強時代が終わりを告げようとしている。ポスト安倍がささやかれ始めてきたが、そのレースには岸田文雄政調会長、河野太郎防衛相、西村康稔経済再生相、石破茂元幹事長、小泉進次郎環境相などの名前が挙がる中、ここへ来て驚くべき意外な人物が登場してきた。

安倍首相と麻生副総理が頻繁に行う会談

それは麻生太郎副総理兼財務相だ。麻生氏といえば、安倍首相が最も信頼し、頼りにしている存在。安倍首相はその麻生氏を頻繁に官邸へ招き入れ、2人で会談をしているという。先月29日放送のTBS系「ひるおび」に出演した政治評論家の田崎史郎氏は、「6月に4回も会談している。4月は1回、5月は2回だった」とコメント。会談の回数が増えていることを明かした。

もちろん2人だけの会談のため、その場で何を話しているかはわからない。しかし、安倍首相が頼れる兄貴分として慕う麻生氏に、何らかの相談をしていることは間違いないだろう。

【関連記事】
安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

秋の解散を勧める麻生副総理

実は麻生氏は、ことしの秋の解散を積極的ににおわせている。30日付の朝日新聞によると、公明党の斉藤鉄夫幹事長と会談した麻生氏は、「選挙の時期について意見を交わし、麻生氏が今秋の解散が望ましいとの考えを伝えた一方で、斉藤氏は早期解散に慎重姿勢を示した」と伝えている。

麻生氏の個人的な見解なのか、安倍首相とも一致した意見なのかは不明だが、ポスト安倍を狙う人物にとっては、気が気ではないはずだ。

麻生氏のワンポイント登板はあるのか?

そこでポスト安倍に急浮上してきたのが麻生氏だ。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、出演したTBS系「ひるおび」の中で、安倍首相が最も信頼を寄せている麻生氏について、「何かある時にワンポイントでの麻生さんはありえる」とコメントした。

現在79歳の麻生氏は、85歳までは政治家を続けると周囲に話していて、もし安倍首相から頼られるようなことがあれば、意欲を示しそうだ。

新型コロナウイルスの影響で未曾有のこの状況に、果たして麻生氏の再登板はあるのか。第2次麻生政権誕生は決してありえない話ではなさそうだ。

source:  TBS「ひるおび」朝日新聞

image by: 安倍晋三 - Home | Facebook

print

  • 未曾有の事態で麻生氏が再登板?第2次麻生政権誕生はあるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け