木下優樹菜の復帰に大バッシング。ユーチューバーで復活あるか?

2020.07.02
26
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1521119357
 

タピオカ店恫喝騒動で芸能活動を自粛していたタレントの木下優樹菜が1日、活動を再開すると所属事務所のホームページで発表した。発端となったタピオカ店との和解は済んでおらず、復帰については物議を醸しそうだ。

木下優樹菜が突然の活動復帰宣言

木下は所属事務所のホームページで、「不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした」と謝罪し、「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と今後についてコメントした。

木下は姉が勤務していたタピオカドリンク店主に対して、恫喝めいたダイレクトメッセージを送ったとして批判が殺到。昨年11月から芸能活動を自粛していた。そのさなかの昨年末には、フジモンことお笑い芸人の藤本敏史と離婚し、7歳と4歳の娘を抱えながら、シングルマザーとして過ごしている。

活動再開宣言と同時に、約半年ぶりに自身のインスタグラムを更新。所属事務所のホームページに掲載した同じコメントをアップした。

 

ユッキーナ復活の道はユーチューバー

騒動の発端となったタピオカ店と和解が済んでいない中での活動再開宣言。無期限としていた活動自粛を一年も経たないうちに切り上げた。「事務所総出でやる」など元ヤン気質丸出しで、相手に恫喝めいたメッセージを送ったという事実は、イメージがあまりにも悪すぎる。テレビ局やスポンサーなどの拒否反応は強く、今後の芸能活動は険しい道が予想される。

復帰しやすい場としては、YouTubeなどの動画サイトだろう。今回の騒動で木下に対するバッシングは激しいものの、「ママタレとしての木下優樹菜」「モデルとしての木下優樹菜」を支持するファンは一定数存在する。そこをメインターゲットとすれば、ユーチューバー・木下優樹菜は需要があるかもしれない。

その成功の代表例が、闇営業問題で芸能界を引退状態にあるお笑い芸人・宮迫博之。YouTubeを開設する際は多くの批判があったものの、宮迫のYouTubeチャンネルは今やチャンネル登録者数99万人を誇る大人気チャンネルだ。

突然の復帰宣言で再び大バッシングを受けている木下は、これからどのような道をたどっていくのか。今後の活動が注目されている。

print
いま読まれてます

  • 木下優樹菜の復帰に大バッシング。ユーチューバーで復活あるか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け