先の大戦前夜に酷似。米中が加速させる分断と「一触即発」の危機

 

いろいろと書きたいことがありすぎて、まとまりのない内容になってしまったかもしれませんが、「国際協調の終焉」「グローバル化の見直し」などが叫ばれる中、「過去の2度の大戦に状況が似てきた(注:コロナはその時、登場してなかったですが)」とも言われるほど、世界はブロック化の方向へと進んでいるように思われます。

今、COVID-19を相手に世界各国が戦う“第3次世界大戦”の裏で、本当に世界的な武力戦争の危機が迫っているのか。私には確信はないですが、何だかとても嫌な予感がしています。

皆さんはいかがですか?

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

 

image by: Ralf Liebhold / Shutterstock.com

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 先の大戦前夜に酷似。米中が加速させる分断と「一触即発」の危機
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け