石原さとみが戸田恵梨香に“激怒”で大モメ?『恋はDeepに』不調で主演失格の烙印、大胆セクシーカット披露も効果なし

2021.05.25
14
by tututu
石原さとみ&戸田恵梨香
 

女優の石原さとみ(34)と俳優・綾野剛(39)がダブル主演するドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の視聴率が一向に上昇しない。そんな中、石原が“異例の仕打ち”をした日本テレビに激怒していると報道された。背景には同世代のライバル・戸田恵梨香(32)が関係しているようだ。

石原さとみのセクシーカット増も視聴率は向上せず

人気俳優の2人がラブストーリーに挑むということで期待が高かった『恋はDeepに』。初回の視聴率こそ10.5%と二桁スタートを切ったもののその後は8%台を推移し、19日に放送された第6話はついに7.6%まで落ちてしまった。

ドラマは石原演じる渚海音と綾野演じるツンデレ御曹司の蓮田倫太郎が対立しながらもひかれ合い、やがて運命的な恋に落ちていくという触れ込みだった。

しかし、蓋を開けてみれば石原が“人魚姫”設定で大量のワカメをそのまま食べたり、加湿器を鬼のように浴びたりと、回を増すごとに人間離れが加速。一気に離脱者が増えてしまった。

【関連】菅田将暉、本命はやっぱり小松菜奈? ドラマ大コケでテレビに見切り、熱愛彼女と結婚目前か

あまりの視聴率の低さに焦ったのか、ドラマの中で徐々に石原の“サービスカット”が取り入れられていく。

第5話ではニットワンピース姿で座る石原が疲れた足を氷水で冷やすため、“ナマ足”を露わにするシーンがあったり、石原の“美ヒップ”のアップシーンが入るなどわかりやすいテコ入れ。

石原がボディライン丸わかりの衣装を着るなど、なりふり構わず攻めるものの、視聴率は改善しない。

ヒロインが「人間ではない」というファンタジー設定が本当に必要だったのだろうか。石原と綾野による、純粋なラブストーリーを楽しみにしていた人たちにとって残念な内容になってしまった。

【関連】東出昌大が借金まみれで“自己破産” 寸前!? CM違約金3億円で「年収200万」、それでも女性と飲み歩くクズっぷり

ぶりっ子キャラの石原“人妻”さとみに違和感

さらにドラマの視聴者からは、「石原のぶりっ子キャラがもうキツイ」との声も聞こえてくる。制作陣に求められた以上、石原もやらないわけにはいかず、彼女だけを責めるのはあまりにもかわいそうだ。

自身の真骨頂ともいえる、元気ハツラツ系女子を全面に押し出そうという狙いだと思われるが、これが裏目に出た形となってしまった。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「石原さんも今年で35歳。昨年末に外資系金融機関に勤めるエリートビジネスマンと結婚したこともあり、かつてのイメージで勝負するのは無理があります。放送前は“大人のラブコメ”という触れ込みでしたが、いざドラマが始まると石原さんのブリブリ感が全開で、視聴者が引いてしまいました」

また、ダブル主演を務める綾野剛に対しても失望したというファンが多い。

「ファンが見たいのは、ミステリアスなかっこよさを放つ綾野さんです。今回のドラマで演じるキャラクターはどうもラブコメの雰囲気に合っていません。一部では『綾野剛の無駄遣い』などと揶揄する声もあがっています」(前出・芸能記者)

【関連】大谷翔平に“20代黒髪女性”の影。交際疑惑の狩野舞子とは破局?年俸30億超を手にする結婚相手の行方

とはいえ、走り出した以上はゴールまで走り抜けなくてはならない。石原さとみ&綾野剛という人気者2人を揃え、ここからドラマはどう浮上していくのだろうか。もしかしたら思わぬ展開が待ち受けているかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 石原さとみが戸田恵梨香に“激怒”で大モメ?『恋はDeepに』不調で主演失格の烙印、大胆セクシーカット披露も効果なし
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け