コロナ禍を逆手に。ダイソー商品を売り始めたセブンイレブンの先見性

 

セブンイレブンでは、グループ会社のロフトの商品を扱っている店舗が、東京に10店舗あります。ここでも同じように、「同じ文具を買うなら、ロフトの商品があるセブンに行こう」となり、集客につながります。また、ダイソーやロフト側の立場としたら、コロナ禍で様々なことが不透明な中、これから店舗を構えていくことにはリスクが伴います。いい立地の店舗を探すことも難しいので、自社製品をセブンイレブンの店舗内で販売してくれるのであれば、告知効果も含めてありがたい話です。

コンビニ業界では、このような動きが加速していて、ローソンでは無印良品の商品を販売していますし、ドラッグストアのクオールとの共同店舗も出しています。これからこのような動きが拡大していくと思われます。そうなると、ユーザーの方がそのうちにコンビニとか、100円ショップやドラッグストア、という企業側が決めたこれまでのような分類を、しなくなるでしょう。小売業は、このような変化に敏感でなければなりません。

アマゾンが、ネット専業の小売業だったところに、リアルの店舗を買収したのも、買う人たちは、そのうちにネットもリアルも関係なく、オンラインとリアルをいったりきたりするだろう、と予測したからです。

変化に敏感になり、一歩先を読み、半歩先くらいをユーザーに提案するのが、マーケティングの真骨頂です。この事例から学べることは深くて多いですよね。(※本記事は、メルマガ『理央 周の売れる仕組み創造ラボ【Marketing Report】』2021年8月24日号の一部抜粋です。続きをお読みになりたい方は、ご登録の上お楽しみください。初月無料です)

毎号「情報の何に気づくべきか?」という勘どころを解説する理央 周さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Takashi Images / Shutterstock.com

理央 周この著者の記事一覧

ビジネス・仕事に大事なのは、情報のキモに「気づき」どう仕事に「活かす」かです。トレンドやヒット商品には共通する「仕掛け」と「思考の枠組み」があります。このメルマガでは、AI、5G、シェアリングなどのニュースや事例をもとに、私の経験とMBAのフレームワークを使い「情報の何に気づくべきか?」という勘どころを解説していきます。現状を打破したい企画マン・営業マン、経営者の方が、カタくなっている頭をほぐし情報を気づきに変えるトレーニングに使える内容です。

有料メルマガ好評配信中

  メルマガを購読してみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】 』

【著者】 理央 周 【月額】 ¥825/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 第2火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • コロナ禍を逆手に。ダイソー商品を売り始めたセブンイレブンの先見性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け