立憲民主党の代表選投開票、新代表は泉健太氏(47)に決定。ネット上の反応は?

2021.11.30
34
by gyouza(まぐまぐ編集部)
258776168_3516836985108274_1372061696078122043_n
 

枝野幸男前代表の辞任を受けて、その後継を決定する立憲民主党の代表選挙が30日午後、都内ホテルで行われ、泉健太政調会長(47)が立憲民主党の新代表に選出された。

今回の代表選には、泉氏のほか逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4人が立候補。

先に発表された地方議員や党員らのネット投票および郵便投票の結果では、逢坂候補が86ポイント、小川候補が61ポイント、泉候補が93ポイント、西村候補が46ポイントとなっていた。

その後におこなわれた投開票の結果、いずれも過半数獲得にはいたらず、泉健太氏と逢坂誠二氏の決選投票に。

逢坂誠二 148ポイント ※決選投票進出
小川淳也 133ポイント
泉健太 189ポイント ※決選投票進出
西村ちなみ 102ポイント

すぐにおこなわれた決選投票の結果、205ポイントを獲得した泉健太氏が立憲民主党の新代表に選出された。逢坂氏は128ポイントだった。

泉健太氏は、衆議院議員(当選8回)で北海道石狩市花川出身、1974年7月29日生まれの現在47歳。立命館大学法学部卒業後に、福山哲郎氏の秘書を務める。2003年に京都3区から旧民主党の候補者として出馬し初当選。父は元石狩市議会議員の泉訓雄氏。

憲法改正について、2017年の朝日・東大谷口研究室共同調査アンケートで「どちらかといえば賛成」と回答。しかし、2021年の朝日、毎日の各新聞社のアンケートでは、それぞれ「どちらかといえば反対」「反対」と回答していた。なお、憲法9条への自衛隊の明記については、2021年のNHKおよび日本テレビのアンケートで「反対」と回答している。

今回の泉健太氏選出の結果について、ネット上にはさまざまな感想や意見が投稿されている。

print
いま読まれてます
 

  • 立憲民主党の代表選投開票、新代表は泉健太氏(47)に決定。ネット上の反応は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け