【花粉症の科学】花粉症対策・・・薬局で買える薬では話にならない!

© studiopure - Fotolia© studiopure - Fotolia
 

薬局の薬は使えない

花粉症に辛い人も多いシーズンになってきました。

オススメの薬はなんといっても処方薬。ようするに薬局薬は話にならないということです。

まず薬局には、アレグラ、アレジオン、ザジテンなどの処方薬と同じ成分の薬も売られていますが、ザジテンはもはや処方では滅多に使われないレベルの効果の低さで論外。アレジオン、アレグラも効果はありますが、病院で処方を受ければ7割引(保険適用)です。またアレグラのフェキソフェナジンはジェネリックが出ており、それを使えばさらに薬価が半額くらいになります。

また、クラリチン(ロタラジン)といった選択肢や、タリオンというさらに強い薬もあります。また近年は、ロイコトリエン拮抗剤のシングレア(モンテルカスト)がアレルギーにも使われるようになってきており、アレグラなどと合わせると、眠気がほぼ無い状態で鼻づまりをさらに強力に押さえ込むことができます

また鼻薬も、ステロイド系の強めのものを少ない回数使うことが望ましく、それらも処方を受けた方が圧倒的お得です。市販の鼻薬はナファゾリン主剤のもので、鼻炎を悪化させることが多いので使わない方がいいとさえ言えます。点鼻薬はよっぽどのことが無い限り、処方されるステロイドの強い奴を1日に2、3回以内の使用で押さえられるというのが理想型です。

新しい薬ではディレグラ。アレグラの上位版でアレグラと同じフェキソフェナジンにプソイドエフェドリンがごっさり入っているので、より強くアレルギー症状を抑えることができ、眠気がありません(ごく希に眠気を感じる人もいる)。ただし押さえる強さはタリオンには適わないので、好みの分かれるところです。

またセレスタミンなどのステロイドで抑えてしまうという手もあります。体質によっては、アレルギーとはなんだったのかレベルで症状を抑えることができますが、使う期間など医師にしっかり相談して、体質とにらめっこしながら決める方がいいでしょう。

これらの処方薬。別に耳鼻科に行く必要もなく、適当な内科でも処方可能なので、混み合っている耳鼻科に行かなくても大丈夫です。いつも言ってることですが、最寄りにホームドクターを見つけておくのが大切です。

著者/くられ
シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。まぐまぐ!からは、無料メルマガ「アリエナイ科学メルマ」を絶賛配信中。
≪最新号はこちら≫

KIRIN「まぐまぐニュース!」の最新更新情報を毎日お届け!
まぐまぐ!の2万誌のメルマガ記事から厳選した情報を毎日お届け!!マスメディアには載らない裏情報から、とってもニッチな専門情報まで、まぐまぐ!でしか読めない最新情報が無料で手に入ります!規約に同意してご登録ください!

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【花粉症の科学】花粉症対策・・・薬局で買える薬では話にならない!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい