メイドカフェはクールじゃない?カナダの人気チーズケーキ店に賛否

2016.05.10
3
by ニュースフィア
uncle_tetsu_cheesecake1.jpg
 

昨年3月の店舗オープン以来、日本風のチーズケーキ「アンクル・テツのチーズケーキ」がカナダのトロントで大ブームとなっている。そして先月4月に、3番目のロケーションとなる待望のカフェがオープン。その名も「Uncle Tetsu’s Angel Café(アンクル・テツの天使のカフェ)」だ 。

アンクル・テツのチーズケーキといえば、数時間は並ばないと手に入らないことで有名だ。その噂のチーズケーキをカフェで座って食すことができるということで、巷では大歓迎かと思いきや、ネットでの反応は意外と冷めている。それは一体なぜなのか。

チーズケーキとメイドカフェ

実はこのカフェ、日本でいうところの「メイドカフェ」のスタイルをとっている。トロント情報を扱うブログ『BlogTO』は、「日本のように客を『ご主人様』と呼んだり、耳掃除をしたりすることはないが、週3回、Jポップのライブパフォーマンスがある」とし、メイドの衣装を着た若い女性たちがステージで歌って踊る様子をビデオで紹介している。

タウン誌やグルメマガジンが概ね好意的に紹介しているのに対し、掲示板Redditや、フェイスブックでのシェア記事に対する反応はあまり芳しくないようだ。「気持ち悪い」「カフェができたのはうれしいけれど、メイドがいるなら行かない」などのトロント市民たちの反応が寄せられ、なかには英語でも最近使われるようになった「ヘンタイ」というコメントも。

misogyny「女嫌・女性蔑視」という概念

何が問題なのか。トロント市民の多くはあらゆる種類の差別を嫌う。女性を物体として扱っているように見えるこの手の商法は、「性差別」「女性蔑視」として反感を買う恐れがあるかもしれない。コメントの中には「前にもメイドを見たことがあるけど本当にぞっとする。日本ではメイドの下着が見えるように床がガラス張りのところもあるらしい」などの拒絶反応も。
 
ウェブマガジンのポストシティ・トロントは、「日本式メイドカフェではあるが、トロント市民を驚かさないように少しトーンダウンしている」と述べる。ちなみに、エンジェルカフェはフェイスブックページで「カナダ初のメイドカフェ」とうたっているが、2006年にトロント郊外にメイドカフェがオープンしており、そのカフェは1年で閉店している(閉店の理由は不明)。

女性蔑視に対する反感の対象はメイドだけには限らない。一昨年、トロント国際映画祭に鳴り物入りで出展された日本の映画『トーキョー・トライブ』が、misogynic「女性蔑視的」として冷遇されたこともある。(Group of Eight)

日本の規範で受け入れられるものが何でも海外で受け入れられるとは限らない。ましてや、メイドカフェの場合は、日本人の間でも意見が分かれる。日本文化を海外に持ちだすときは、現地で何がクールで何がアンクールと考えられているかを、よく考えてみる必要があるかもしれない。

(モーゲンスタン陽子)

 

【関連記事】

印刷する

記事提供:ニュースフィア

人気のオススメ記事

  • メイドカフェはクールじゃない?カナダの人気チーズケーキ店に賛否
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい