現役医師が語る、福島と韓国で甲状腺がん患者が急増した真の理由

rendered
 

福島第一原発事故以降、日本でも注目を集めている「甲状腺がん」。近年は、韓国でも罹患者が急増していると言います。その原因は北朝鮮の核実験なのでしょうか、それとも他に原因が? メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、著者で現役医師の徳田先生が最近発表された研究でわかった「驚きの真相」を報告。徳田先生は、なぜ甲状腺がん検診の見直しを推奨しているのでしょうか?

甲状腺がん異常増加の原因は過剰診断だった

世界中の先進国で甲状腺がんの罹患率が近年急激に増加しています。特に目立つのが韓国。この数年間で6~7倍も甲状腺がんが発見されるようになりました。さて、その原因は何でしようか? 北朝鮮の核実験による放射能被曝でしょうか。あるいは、謎の発がん物質が韓国国内に蔓延しているのでしょうか。

その回答は過剰診断(見つける必要のないがんを検診で見つけ出してしまうこと)です。北朝鮮の核でも発がん物質でもありません。韓国は甲状腺がん検診を積極的に行っていることで有名です。検診のやり過ぎが原因であるだろうことは以前から指摘されていましたが、最近発表された疫学研究で確たるエビデンスがついに出たのです。過剰診断が原因であったということです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 現役医師が語る、福島と韓国で甲状腺がん患者が急増した真の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい