日本人は知らない、反日教育になびかぬ2億人もの中国人たち

shutterstock_116493811
 

反日感情の高い国として報道されることの多い中国。しかし、今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんが紹介しているとある書籍によると、現在の反日的中国は「旧世界」で、その価値観とは相容れない「新世界」世代の中国人が増えているといいます。日中関係を好転に導く可能性を持つ彼らの特徴とは?

日本の希望、中国には、習近平に洗脳されない「新人類」が2億人

今、とても面白い本を読んでいます。

51Nhd0Nfq3L
大国の暴走 「米・中・露」三帝国はなぜ世界を脅かすのか
渡部恒雄・近藤大介・小泉悠 著/講談社

これは、3人の天才の対談です。

一人目の天才は、渡部恒雄先生。先生は、日本人でありながら、アメリカ戦略国際問題研究所で、上級研究員だった(ルトワックさんも、このシンクタンクにいました)。当然、アメリカのことはメチャクチャ詳しい

二人目の天才は、近藤大介先生です。近藤先生は、宮崎正弘先生と並び、日本でもっとも中国に詳しい研究者です。

三人目の天才は、小泉悠先生です。小泉先生は、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所の研究員をされていた。ロシアの軍事にもっとも詳しい人物として知られています。

米中ロの動向に超詳しい先生方の対談ということで、いろいろ書きたいことが多い。しかし、今回は、一つ「中国関連」で面白かったことをシェアさせていただきます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本人は知らない、反日教育になびかぬ2億人もの中国人たち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい