日本に見切りをつけたトランプ氏と「ゴルフ外交」やってる場合か

2018.04.10
614
takano20180409
 

先日掲載の記事「金正恩の訪中をテレビで知った安倍首相の失態と底が見えた外交力」などでもお伝えしているとおり、目まぐるしく変わる朝鮮半島情勢に完全に乗り遅れた形となってしまった日本。安倍首相は今月訪米しトランプ大統領との首脳会談に臨む予定ですが、大統領とゴルフをラウンドする方向で日程を調整中と報道されています。これについてジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で、朝鮮半島の和平プロセスが進む中での首相の「ゴルフ外交」の敢行は「国辱もののごますり幇間外交」と一刀両断しています。

※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2018年4月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール高野孟たかのはじめ
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

いくら何でもこの際、ゴルフ遊びは止めて貰いたい──安倍首相のフロリダ訪問

安倍晋三首相は、今月17~20日の日程で訪米し、そのうち17~18両日をフロリダのトランプ米大統領の別荘に滞在して日米首脳会談を開くだけでなく、隣接するトランプ氏所有のゴルフ場でプレーを実現すべく段取りを進めているのだという。

会談場所をここにしたいと申し入れたのは安倍首相側であり、それは、昨年2月にもここで第1回の首脳会談と27ホールのゴルフ・プレーを行って大いに親密さをアピールした、輝かしき“成功体験が忘れられないからだろう。

トランプ側も心得たもので、「2匹目の泥鰌」狙いが見え透いていても無碍に断ることはせず、3日付日経の解説によれば「日本側の求めに応じ米側の計らいで」実現した。「今回もゴルフをセットするか?」という打診は米側から来たようで、8日付日経によれば「ゴルフは米側が提案した」というが、場所をフロリダにしてくれとお願いしたのはゴルフ・プレーをセットにしてくれとおねだりしているのと同じことで、そのように米側が計らってくれるのを待っていたのである。

なぜこんなセッティングをしようとしたのかと言えば、前出の3日付日経の解説によれば「会談の成果が乏しくても最低限の親密さを強調できるためだ」である。

恥ずかしいを通り越して、国辱もののごますり幇間外交である。北朝鮮の金正恩委員長は「体制の存続」を賭けて、祖父も父もこの65年間を費やして成し遂げることの出来なかった朝鮮戦争の全き終結を求めて、命懸けの勝負に出ていて、韓国の文在寅大統領も中国の習近平国家主席もロシアのプーチン大統領も、そのことの歴史的意義を深く理解し、それぞれの自国にとっての安全保障上および経済的な利害を真剣に考慮した上て、何とかしてこのプロセスを成功させようと協力を惜しもうとはしていない。それに対してトランプが何をどこまで理解しているのかは計り難いけれども、少なくとも北の呼びかけに直ちに応じて、これに真剣に対処しようとしているのは事実である。

その真っ最中に、安倍首相はこのプロセスの推進に貢献すべき何の積極的な提案も役割表明の用意もないまま、「いや、私はこの新展開から置いてきぼりになっていませんよ」ということを主として国内的に示すために、事もあろうに、トランプとゴルフをやって見せる。

日本国民の1人として、心からお願いしたい。日本が世界の問題に真摯に取り組むつもりであることを示すには、日米会談はフロリダのリゾートではなく、ホワイトハウスの大統領執務室で行うべきである。そして、フロリダであろうとどこであろうと、関係者全員が命懸けのようにして北東アジアにおける戦争と平和の瀬戸際の駆け引きをしている最中に、ゴルフで遊ぶのだけは止めてほしい。いや、安倍首相がやりたいならどこででもやればいいが、すでにそのせめぎ合いの一員であるトランプをこんな忙しい時に遊びに誘うのは止めてほしい

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本に見切りをつけたトランプ氏と「ゴルフ外交」やってる場合か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい