自分で汚してるクセに「トイレ掃除」が最も嫌われてしまう理由

shutterstock_141762976
 

前回、日本独特の「学校の掃除」にフォーカスをあてた記事(『実は日本だけ。なぜ我が国の学生は毎日学校を掃除しているのか?』)が話題を呼んだ、無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』の著者で現役教師の松尾英明さん。今回は、世代を問わず最も避けられている「トイレ掃除」から学ぶ教育的意義について紹介しています。

掃除は感謝教育

掃除の場所で、最も避けられるのはどこか。いわずもがな、トイレである。ここは、一番汚れる他とは違う汚れ方である。汚いものにわざわざ触りたくないし、関わりたくない。だから、最も避けられる。

ところで、トイレが汚れるのはなぜか自分自身の抱える汚いものをそこに受け止めてもらうからである。つまり、自分が汚しているのに、それを汚いと罵る。「きれいなもの好き」の人間は、自分が使うトイレが汚いのは許せない。私は「俺様」「御姫様」「御子様」「御客様」だからである。

こういう姿勢を「傲慢」と呼ぶ。自分を他人より高い位置に置く考え方である。自分が汚して他人様がきれいにしてくれていることへの感謝の念がない。いわゆる「金を払っているのだから、最高のサービスを受けるのは当然」という態度である。

「排泄」は、「の一環である。食べた後の食器の始末が汚い場合、トイレの使い方も汚い可能性が高い。一事が万事だからである。片付けてくださる方への思いやりとか配慮がないのである(だから、様々なことへ平気で文句も言える)。

だから、学校では直接指導できるからアプローチする。残し方も指導する。残してしまう場合でも、まとめれば、片付けやすい(米は特にそうである)。

残しものでも食べた後の食器でも、自分から出る汚いものはすべて受け止めて流してもらいたいのである。本来は、自分できれいにすべきことである。自分のやったことは、後始末までつけるのが当然である。しかし、それを誰かや何かにやっていただくのだから、そこへの感謝の念はあって然るべき

日本の古来からの考え方は、万物に神が宿るというものである。当然、「便所の神様」というのもある。万物に感謝する文化である。

要は、掃除も、感謝教育の一環である。掃除の教育的価値は、世界的にも見直されている。日本のもつ掃除の教育の価値を再考してみる時期である。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 自分で汚してるクセに「トイレ掃除」が最も嫌われてしまう理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい