【演劇好き必読】珠玉の演劇上演情報を無料で手に入れる!

© fergregory - Fotolia.com© fergregory - Fotolia.com
 

「お芝居を見に行ったはいいがぜんぜん面白くなくてエコノミークラス症候群になるかと思った。情報誌には“オススメ”って書いてあったのに……」、なんて経験ありませんか?商業誌にはいろいろオトナの事情がありますからねー。そこにいくと「まぐまぐ大賞2014エンターテイメント部門」で4位に入賞した『今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台』はひと味違います。発行者で現代演劇ウォッチャーの高野しのぶさんの「もっとたくさんの人に舞台を楽しんでほしい」という情熱だけで配信されており、当然ながら「オトナの事情」ナシ。11年目に突入したメルマガは2,000人以上の演劇ファンから支持を受けています。今回ご紹介するのは2015年1月1日号無料で手に入れられる怒涛の舞台情報をあなたも是非!

今月のお薦め8本+α

▽★印がいちおし公演です(3本)。
▽初日の早い順に並べています。
▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。

 

1.文学座『1月アトリエの会「リア王」』
01/06-22文学座アトリエ
出演:江守徹、金内喜久夫、坂口芳貞、外山誠二、高瀨哲郎、押切英希、高橋広司、藤川三郎、浅野雅博、鍛治直人、木津誠之、高塚慎太郎、駒井健介、木場允視、萩原亮介、郡山冬果、浅海彩子、岡崎加奈
脚本:シェイクスピア :小田島雄志 演出:鵜山仁
一般前売4,000円 当日券4,300円
ユースチケット2,500円(前売・当日共/25歳以下)
http://www.bungakuza.com/kinglear/index.html
文学座シェイクスピア祭の最後を締めくくる演目です。
江守徹さんがリア王役に初挑戦。※全ステージ前売り完売。

 

2.パルコ・プロデュース『歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」』
01/09-12神奈川芸術劇場・ホール
≪神奈川、埼玉、大阪、愛知、宮城、東京≫
出演:古田新太、小泉今日子、高畑充希、三宅弘城、高田聖子、山中崇、政岡泰志、三浦俊輔、高山のえみ、田口トモロヲ、他
脚本:福原充則 演出:河原雅彦
音楽:Only Love Hurts(面影ラッキーホール)
S席9,000円 A席7,000円 U-25チケット=5,000円(25歳以下対象)
http://www.parco-play.com/web/play/iyaou/
ファンク・バンド「面影ラッキーホール」の楽曲をもとにした新作音楽劇。古田新太さん、小泉今日子さんらスターの出演が豪華。脚本が福原充則さんなのが私的にはツボ。

 

3.Bunkamura『プルートゥ PLUTO』
01/09-02/01 Bunkamuraシアターコクーン
≪東京、大阪≫
出演:森山未來、永作博美、柄本明、吉見一豊、松重豊、寺脇康文、上月一臣、大植真太郎、原田みのる、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、 鈴木竜、AYUMI、他
原作:浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 上演台本:谷賢一
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
S10,500円 A8,000円 コクーンシート6,000
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_pluto/index.html
手塚治虫作「鉄腕アトム」をリメイクした大人気漫画の舞台化。
主演は海外留学から帰国したばかりの森山未來さん
演出・振付のシェルカウイさんは、森山さんとダンス作品『テ ヅカ TeZukA』↓でタッグを組んだ経験あり。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/12_tezuka/
浦沢直樹ワールドがダンス要素の強い演劇として立体化されるのが楽しみ。個人的には谷賢一さんによる上演台本にも興味あり。

 

4.劇団俳優座『桜の園』
01/15-25俳優座劇場
創立70周年記念公演第6弾/チェーホフ連続上演第4弾
出演:岩崎加根子、神山寛、小笠原良知、児玉泰次、河原崎次郎、中寛三、長浜奈津子、飯原道代、河内浩、志村史人、桂ゆめ、齋藤隆介、千賀功嗣、田中孝宗、森根三和、笠井幽夏子、森永友基、佐藤礼菜、藤田一真、高澤歩美、石井伸一
脚本:アントン・チェーホフ :湯浅芳子 演出:川口啓史
一般5,400円  学生3,780円
http://bit.ly/1vmowrk
創立70周年の俳優座によるチェーホフ作『桜の園』の上演。
主演は岩崎加根子さん。早々に追加公演が決定する人気ぶり
私の初チェーホフ観劇は1999年。岩崎さん主演の『かもめ』↓でした。
http://eu6.1225.red/u58066639/

 

5.山の羊舎『The LONG ROADー長い道ー』
01/22-25「劇」小劇場
出演:磯西真喜 山口眞司 吉田健悟 羽田野葵 望月ゆかり
:シーラ・スティーブンソン 翻訳:芹沢みどり 演出:山下悟
全席自由 日時指定 前売・当日共¥4,300 学生¥2,800
http://www.yamanohitsujisya.com/
シーラ・スティーヴンソンさんは1955年生まれの英国女性作家。
2000年の処女作『水の記憶』はローレンス・オリビエ賞のベストコメディ賞受賞作で、日本でも2000年に上演↓されました。
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2000/0716233626.html
『水の~』はとても面白かったので、今でもよく思い起こします。
『The LONG ROADー長い道ー』は2013年にリーディング上演↓され、
http://www.en21.co.jp/dramareading.html
「実際の上演が観たい」との声が多く、今公演につながったそうです。

 

6.親族代表『親族代表 THE BEST LIVE「親族旅行記」』
01/03-04ザ・スズナリ
01/22-02/01駅前劇場
≪東京、福岡、広島、大阪、東京≫
出演:嶋村太一、竹井亮介、野間口徹
脚本・演出:福原充則
脚本提供(50音順):岩井秀 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 小林賢太郎 故林広志 ブルー&スカイ
前売・当日共 4,000円
http://shinzoku.pepper.jp/information/
親族代表は男優3人のコント・ユニット。10年以上の活動歴があり、脚本提供者は有名人ばかり。2008年のレビュー↓
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2008/0217213704.html
演出が福原充則さんなので、手堅く楽しませてくれるんじゃないかと。

 

7.公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ/TBS『ハムレット』
01/22-02/15彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
YUKIO NINAGAWA 80TH ANNIVERSARY・NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND 2
≪埼玉、大阪、台湾(台北)、英国(ロンドン)≫
出演:藤原竜也、満島ひかり、満島真之介、横田栄司、山谷初男、たかお鷹、鳳蘭、平幹二朗、他
脚本:W.シェイクスピア 翻訳:河合祥一郎 演出:蜷川幸雄
S席10,800円 A席8,700円
http://saf.or.jp/arthall/stages/detail/1748
蜷川幸雄さんが『ハムレット』を演出されるのは5度目。
藤原竜也さんは2003年以来2度目の、蜷川演出でのハムレット役。
オフィーリア役は満島ひかりさん。実の弟である満島真之介さんが、オフィーリアの兄役で出演されます。鳳蘭さんのガートルード役、平幹二朗さんのクローディアス役など、配役が豪華絢爛。

 

8.敦-杏子(TON-ANZU)プロデュース『URASUJI 2015「綱渡り」』
01/28-02/08ザ・スズナリ
出演:杏子、深沢敦、西村直人、岩崎大(崎は違う漢字)、池田有紀子、草野徹、中野順一朗、森貞文則、藤田紀子、吉田晋一、佐藤恭子、亀岡孝洋、内藤大希、中川浩行、村田譲、高祖正浩、松田凌、小川菜摘、他
脚本・演出:松村武
前売・早割(1/28~1/30 19:30の各回) 自由席:4,200円 指定席:4,600円
前売・一般 自由席:4,600円 指定席:5,000円
当日 自由席:4,900円 指定席:5,300円 学生券 3,000円
URASUJI SPECIAL LIVEは全席整理番号付自由席。
前売 4,500円 当日 4,900円
※山田晃士はURASUJI SPECIAL LIVEには出演しません。
http://www.urasuji.info/
杏子さんと深沢敦さんが企画・出演される『URASUJI』シリーズの新作。
作・演出は松村武さんです。2005年↓にメルマガ号外を発行しました。
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2005/1001111019.html
幕末を舞台にした“お約束”だらけの物語に、歌、ダンス、殺陣、ギャグ、お色気がてんこ盛り。“小劇場の大衆演劇”をご堪能あれ。
2007年の年末から2008年の年始にかけての公演のレビュー↓
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/1227220416.html
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2008/0103224954.html

 

information:
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台
≪登録無料≫

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【演劇好き必読】珠玉の演劇上演情報を無料で手に入れる!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい