中途採用者の入社初日に「ランチ行こう!」が即戦力を引き出す

151016_lunch
 

中途採用者に企業が求めるのが即戦力としての活躍ですが、これがなかなかうまくいかないのも現実。そんな状況にお悩みの方、『「欲しい人材がザクザク採れる!」採用成功術』で紹介されている2つの解決法が役立ちますよ。

「即戦力」にどこまで求めるか

中途採用であれば、当然に即戦力期待します。採用したひとが、入社初日から大活躍してくれたらそんなに嬉しい(楽な?)ことはありません。

ただ、残念ながら現実には中々うまくはいきません。そのパターンとしては大きく分けて2つあります。

● 確かに仕事はできるが、態度が良くない

前職で実績をあげていた人は、プライドが高いことが往々にしてあります。そのプライド邪魔をして、なかなか会社に馴染めなかったり、反感を買ってしまったりします。

そうなると、最初は実績をあげることはできても継続的上げ続けることはできなくなってしまいます。

● 面接での面影は無く、全く仕事ができない

前職での成功体験から、自分のやり方こだわりすぎて中々実績が出ないひとがいます。また、面接で言っていたほどスキルが無かったり、実は実績虚偽だったりすることもあります。

こうなると、本当に大変ですよね。採用してしまった以上は、すぐに辞めてもらうわけにもいきませんし。

では、そうならないためにどうしたら良いかというと、

● 面接時の確認

● 入社後の受入れ体制の整備

の2つをしっかりと行うことです。

まず、面接時の確認についてです。「即戦力を採用したい!」と前のめりになっていると質問がスキルや実績の確認に偏りがちです。

もちろん、スキルや実績も大切ですが、一番重要なのは、「自社でもその実績をあげることができるか」です。

前職での成功体験は、必ずしも自社での成功を保障するものではありません。前述したように、その成功体験にこだわる人ほどなかなか実績をあげることができない人もいます。

やり方が合わないと思ったらすぐに変えることができるような素直さがあるか、新しい環境でもすぐに打ち解けられるコミュニケーション能力を持っているか、などのパーソナルな部分も確認しておきましょう。

そして、そもそもの話になりますが、そのスキル実績本当なのかどうか。

自社が求める理想の経歴で、さらに第一印象がとても良かったりすると、それだけでスキルや実績を信じてしまいがちですが、それが事実かどうかもしっかりと確認しておく必要があります。

さらに、将来のキャリアビジョンも聞いておくべきでしょう。現在のポジションはお互いに良くても、将来的に「やりたいこと」と「任せたいこと」が一致しないと、早期の退職につながってしまう可能性があります。

以上の点は、面接時に必ず確認しておきたいですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中途採用者の入社初日に「ランチ行こう!」が即戦力を引き出す
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい