テディベア生みの親が教えてくれる、親子で幸せになれる確実な方法

2016.02.04
15
by NozomiK
shutterstock_46242619
 

テディ・ベアの生みの親であるマルガレーテ・シュタイフ。彼女は高熱が原因で、1歳半で右手と両足にハンディを抱えてしまったといいます。無料メルマガ『育児に成功する【楽しい子育て絵本講座】』ではそんな彼女の伝記を紹介、親子で読むことで充実した毎日が送れるようになると記しています。

可能性を感じられる本

こんにちは、子育て絵本アドバイザーの山口理加です。

マルガレーテ・シュタイフをご存知でしょうか? マルガレーテ・シュタイフを知っている人は少ないかもしれませんが、テディ・ベアを知っている人は多いのではないでしょうか。

世界で初めてテディ・ベアを作ったのが、マルガレーテ・シュタイフです。マルガレーテ・シュタイフが100年以上前に作ったシュタイフ社は現在でも、毎年500種類以上のぬいぐるみを作り続けています。

マルガレーテ・シュタイフはどのような人だったのでしょうか? マルガレーテ・シュタイフは1歳半の時に、高熱が原因で、右手と両足が不自由になりました。手術や温泉治療を受けましたが、改善はしませんでした…。

でも、好きな事や得意なことをするなかで、さまざまな出会いがあり、考えたことを行動に移すなかで、テディベアを作りました。

テティベアは世界中の人に愛されています。

shutaifu

マルガレーテ・シュタイフ』 佐藤豊彦 監修/かなき詩織 まんが

【あらすじ】

1歳半で右手と両足が不自由になったマルガレーテ・シュタイフ。

 

女性や障がいを持つ人が自立するのは難しい時代に、自分を信じ、努力を重ね、世界初のぬいぐるみ会社をつくりました。

 

そして、今も世界中で愛されているテディベアをこの世に送り出したのです。

(Amazonより)

print
いま読まれてます

  • テディベア生みの親が教えてくれる、親子で幸せになれる確実な方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け