スマホを15分で爆速充電。中国企業の最新技術に海外ユーザーがやや不安

2016.03.04
49
by erihiro(まぐまぐ編集部)
Cb6IUp7VAAApjjg.jpg-large
 

世界中の携帯電話会社、端末製造メーカーなどがあつまる世界最大級のカンファレスの「モバイル・ワールド・コングレス」(MWC)がスペイン・バルセロナでおこなわれました。会場では、ある中国企業が発表したスマートフォン用の「充電技術」が話題になりました。それは「世界最速のフル充電」技術です。

忙しい現代人が待ち焦がれていた世界最速の充電技術

中国の電子機器メーカーOPPO(オッポ)が、世界最速の充電技術を発表し話題となっています。

最新技術「Super VOOC Flash Charge」はなんとわずか15分でフル充電が完了するというのです。

しかも、バッテリーがゼロの状態から100%になるまで。

これは忙しい現代人にとって嬉しい、かなりのスグレモノです。

デイリーメールによると、「現代のテクノロジーにおいて、このプロトタイプは大きな進化だ。iPhone6sの通常の充電器はフル充電には2時間はかかるのに」と伝えています。

現在最も早い充電技術を採用しているのは米クアルコムで、最新充電機器のSnapdragon 820 packsさえ、35分かかっても80%の充電と、他の充電器と比べてもかなりの早さであることがわかります。

スクリーンショット 2016-03-03 17.24.19

FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長も興味津々

image by: Twitter(@OPPO)

この充電器はマイクロUSBとUSBタイプ-Cの2タイプの規格に対応し、今後の同社の新しいスマートフォンにこの技術を取り込んでいくようです。

低電圧パルスをつかった独自の充電アルゴリズムと、スーパー2,500mAhバッテリーを採用しているとのこと。

これには世界から様々な反応が。

「iPhoneのバッテリーってすぐなくなっちゃうから、これは本当に助かる!」

「でもこれ中国製だよ。15分間チャージしたあとに、きっと家が燃えてしまうんだ」

「“中国”と“バッテリー”は普通ならうまくいきっこない。でも今回は違うことを願おう」

「最速の充電はバッテリーの寿命を劇的に短くするだろう。サムスンやアップルが取り入れないのは何か理由があるはずだ」

「次は一体何がくる? テレビのスイッチが自動的に消える? 床が自動的に掃除される? ソファが開いて、リクライニングになる? なんていう時代なんだ!」 

このOPPOという会社、すでに1000万個以上のスマートフォンを売り業界では9%のシェアを占め現在5位にランクイン。

最新のスマホ「R7」($304)は、iPhone6Sよりも大きめのスクリーンで、カメラの画素数も高く“セルフィーのエキスパート”として売り込んでいることで話題です。

新製品がいつ発表されるかはまだ未定ですが、これがさらなる起爆剤となり、中国本土はもちろんのこと、世界中の新規ユーザー獲得につながることは間違いなさそうです。

中国人の爆買い”が本国でもみられるのでしょうか。

Image by: Twitter(The Bleg‏@blegnews)

Source by: デイリーメール , engadget

文/MAG2 NEWS編集部

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • スマホを15分で爆速充電。中国企業の最新技術に海外ユーザーがやや不安
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい