【康芳夫】三島由紀夫が発掘した「20世紀最大の奇書」の数奇な運命

 

『ヤプー』を熱く語った三島だったが…

もともとこの『家畜人ヤプー』は、今から数十年前の昭和32年12月号から、翌々年の6月号まで20回にわたって、SM雑誌『奇譚クラブ』に連載され、未完のままに終わったものだが、発表当時から文壇の一部に異常な反響をひき起こし、なかでも三島由紀夫渋沢竜彦奥野健男氏らが絶賛したといわれる。

なかでも三島さんはこの作品にほれ込み、みずからかって出て、あちこちの出版社に持ち込んだほどで、一度は中央公論社から出版することまで決まっていた。しかし、当時は60年安保で左右勢力の対立が激しく、ここまで徹底して日本人を卑下した小説を出せば、左右からの強い突き上げを食うのは目に見えていたから中央公論社もかなりおよび腰だった。

すると、ちょうど折り悪しく嶋中事件(深沢七郎の『風流夢譚』掲載に怒った右翼少年が中央公論社々長・嶋中鵬二邸に殴り込み、お手伝いさんを刺殺、夫人に重傷を負わせた事件)が発生、結局、出版の話は中止になったというイワクつきの本である。

こういう「奇書」が存在することを、私は三島さんから初めて教えられた。44年のことである。

「ぜひ、あれを見つけ給え。あれこそは戦後最大の傑作だよ。マゾヒズムの極致を描いたまったく恐ろしい小説だ。出版する価値のある本だ」

そう三島さんは、熱を込めてヤプーの内容を語りつづけた。三島さんが、あれほど真剣に文学のことを語るのを聞いたのは、それが最後になってしまうのである。

後の話だが、『家畜人ヤプー』の作者・沼正三の代理人・天野哲夫氏は、あの11月25日の朝、雪ケ谷の三島邸を訪問した。刷り上がったばかりの豪華限定版『家畜人ヤプー』を、恩人三島さんに献ずるために。

……だが、そのとき、三島さんはすでに市ケ谷に向けて出発してしまっていた。天野氏は、ついに三島さんに会うことはできなかった。運命の皮肉を感じないわけにはいかない。

……次号、「沼正三の代理人を探し出す」全地球を睥睨するスフィンクス『康芳夫』メールマガジンに続く

image by: Wikipedia

 

【康芳夫のメルマガが無料で読める】

虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)

0001649290c

著者:康芳夫

1937年東京西神田で、駐日中国大使侍医の中国人父と日本人母の次男として誕生する。東京大学卒業後、興行師神彰の元で大物ジャズメン(ソニー・ロリンズ)などの呼び屋として活躍。その後独立、三島由紀夫が通いつめた「アラビア大魔法団」、「インディ500マイルレース」などを呼ぶ。また、ライフワークとしての、『家畜人ヤプー』プロデュース、ネッシー捕獲探検隊結成、モハメッド・アリ戦の興行、かのオリバー君招聘、アリ対猪木戦のフィクサーなどをこなし、メディアの風雲児として活躍を続けている。2014年から映画俳優デビュー(中島哲也監督の『渇き。』)し康芳夫フィールド拡大中。こちらは『康芳夫』発行の無料メルマガ(有料メルマガスピンオフ版)。

<<登録はこちら>>


【更なる深層へ(有料メルマガ)】

全地球を睥睨(へいげい)するスフィンクス『康芳夫』メールマガジンそして『家畜人ヤプー』通信(有料版)
「国際暗黒プロデューサー」「神をも呼ぶ男」「虚業家」といった呼び名すら弄ぶ怪人・康芳夫。そのもとからはテリー伊藤に代表される如くメディア業界をはじめ様々な産業を動かす面々が巣立った。そして今、時代に突き動かされ、戦後最大の奇書「家畜人ヤプー」が、静かに動き出す!『康芳夫』発行メールマガジンに刮目せよ。
<<サンプルはこちら>>

print
いま読まれてます

  • 【康芳夫】三島由紀夫が発掘した「20世紀最大の奇書」の数奇な運命
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け