不可解な設問、的ハズレな指導要領。ヒドすぎる全国学力テストの実情

shutterstock_312657344 copy
 

近年指摘されるようになった日本の子どもの学力低下。その解決策として2007年より行われているのが「全国学力テスト」です。しかし、メルマガ『ふくしま式で文学・評論を読み解く!』の著者である、国語指導のカリスマ・福嶋隆史さんは「こんなテストでは国語力を測ることはできない」と、その問題の質を批判しています。気になる、その問題の中身とは?

200万人超の子どもたちが被害者である

みなさんこんにちは。福嶋隆史です。

さて、遅くなりましたが、全国学力テストの分析をお送りします。

当初は3,000字くらいの予定だったのですが、終わっていたら10,000字を超えていました。

これでも、全設問の10分の1くらいにしか言及していません。言いたいことは、無限にあるのです。

しかし逆に、突き詰めれば1つしかないとも言えます。

それは、「こんなテストでは国語力を測ることはできない」。

これに尽きます。

この号外では、その根拠の一端をご紹介致します。

全国学力テスト 過去の分析ログ紹介

この号外では、2016/4/19に全国で実施された全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)についての分析・評価をお送りします。

まずは、下記リンク先などから実際の問題PDFを入手し、読者諸氏ご自身で解いてみてください。

国立教育政策研究所のリンク先からダウンロードしたものは、他者の著作権が発生している題材文等については全て削除されているため、共同通信からのダウンロードをおすすめします。

全国学力テスト問題および解説資料等
国立教育政策研究所 
共同通信

必ず「解説資料」もダウンロードしましょう。出題の趣旨等が説明されています。

この全国学力テストは、小学6年生および中学3年生、合計200万人超※の子どもたちが受けます。

センター試験のざっと4倍ほどの受験者数。その責任は重大です。

参考

なお、福嶋によるこれまでの全国学力テスト分析は、下記にて無料公開しています(twitterのまとめだと読みづらい部分があるので、いずれブログ等にアップしなおしたいと思っています)。

2012年分析
2013年分析
2014年分析
2015年分析→ ※

※全国学力テストの内容が毎度ながら酷いため、この年は意欲減退し、分析しませんでした。が、今年は有料メルマガに載せるべく奮起して分析した次第です。

その他、関連する批評記事は以下のとおりです。

全国学力テストは、結果公表の良し悪しを語る前に、その問題の良し悪しをこそ語るべき。

全国学力テスト──無駄な演出をなくし、問うべき能力の輪郭を明確にせよ!

「現在検討されている「達成度テスト(仮)」等について募集されていたパブリックコメントを送付しました(2014/05/07)」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 不可解な設問、的ハズレな指導要領。ヒドすぎる全国学力テストの実情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい